エンゾ早川

ラクダのコブのある自転車乗りになりたい / エンゾ・早川

マニュアル本ばっかり読んでいると、頭がパンパンになってしまうので、自転車関連の面白い読み物はないかな〜と思って見つけたのが、この本です。かなり濃いキャラクターの著者で、著者も著書も賛否両論が飛び交ってますね(笑) 物言いが偉そうなんで、余計に物議をかもすのでしょうが、本人も分かってやってるんじゃないかな。

しかし、もしも私がずるくて要領のよい人間だったとしたら、誰も自転車に関しては何の実績もない私ごときの話を聞いたり、私の書いた本を買って読んだりはしないだろう。自分で言うのもなんだが、私の話がおもしろいのは、私自身が読者のみんなと同じように悩んだり失敗したりをくりかえしているからだと思うのである。

僕はめちゃくちゃ面白いエッセーとして読みましたよ



紀楽

浜松の中心部からずい分と北部に行った、三方原(みかたっぱら)台地のはずれ、畑の真ん中にポツンとある餃子屋さんです。って思ったのは僕の固定概念で、浜松駅前から13.5キロだし、すぐそばに総合病院もあるし、ちょいと足を伸ばせば行ける距離で、認識を新たにしました。

パリッとした食感が美味しい餃子でしたよ♪

浜松餃子探検シリーズ (単なるエントリー順で、評価・ランキングではありません)



サイクルコンピューター

ロードバイクはギアの段数が多い(僕の場合、前2段×後10段)ので、ギアの変速をあまりせず重たいギアを少し我慢しながらグイグイ踏むより、足への負担がかからない軽めのギアをこまめに選択(変速)しながら、常にペダルを一定の回転で回した方が長い距離を走れます(走れるようです、かな)。初心者がペダルの回転数(ケイデンス)を一定にするには、それを数値で表示してくれるサイクルコンピュータが必要です。僕が買ったロードバイクには、シマノの105と言うコンポーネントが付いているので、それに最も適したサイクルコンピュータは操作性を考えるとコンポーネントと同じメーカーのシマノSC-6501フライトデッキシマノSM-6501センサーキットですよと自転車屋さんにススメられて購入しました。

ケイデンス(ペダルの回転数、単位はrpm)は、最初は80rpmに維持できるようにし、慣れてきたら90rpmを目標にしてくださいと言われ、走ってみると80rpmって結構速いなぁと思いましたが、朝練ですれ違う気合の入ったのローディたちは、もっと早く回しているので、試しにギアを1段軽くして90rpmで回してみたら、何となく、その方が楽かなと思いました。その疑問、ある段を80rpmで回した時のホイールの回転数を1段軽い段ではペダルを何回転させれば良いか、エクセルで計算してみたら、僕のカセット(後ろの10段 12-13-14-15-16-17-19-21-23-25T)の場合、85〜89rpmとなりました。つまり、ある段を80rpmで回すより、1段軽くして90rpmで回した方が感覚的に疲れず、同じスピードが出せることになります。早速、目標を90rpmに上方修正しました。ただし、回転が早くなるとペダリングが安定していないことがよりはっきり出て、ペダリングがギクシャクすることが次の課題となりました。

それにしても、今のサイクルコンピュータはすごいですねぇ〜



ミクニ タカマツ

B級グルマーな僕は普段でもクールビズでノーネクタイですが、今日に限ってはサーモンピンクのネクタイをきゅっと締めて、ランチに行きました。高松丸亀町壱番街の再開発の目玉として誘致されたこのレストランは、フランス料理界の第一人者・三國清三氏が瀬戸内の海の幸などの地産地消をコンセプトに、ランチは6000円(税込み)、ディナーは1万2000円(同)で本格フレンチのコースが楽しめます。料理は毎月内容が変わり、三國シェフのチェックを受けるために、こちらへ来るまで三國シェフの片腕として東京で働いていた高松のシェフが、わざわざ東京まで出向くそうです。昼夜ひとつずつのコースしかないのも、その料理に食材も技術も集中させるためだそうです。美しく、美味い、ちがった、美味しい料理をこのコストパフォーマンスで食べられるなら、高松に住んでいたら毎月行きたい(ランチですが)、四国に住んでいたら3か月に1度は行きたいと思いました。

いやぁ〜、料理が凝ってます。例えば、最初のスープ。何でとうもろこしのポタージュが緑色なの? たぶん、枝豆? おっ、ポタージュの下にゼリー状のコンソメスープが! ってな具合です。もちろんアルコールもいただきましたよ。フロアーには2人のソムリエがいて(少なくとも1人はシニアソムリエ)、料理に合わせて出される数種類のワインなどのセットをいただきました。美味ぇ〜、いや、美味しぃ〜。

食いしん坊の旅シリーズ 2007年 夏

  1. 讃岐うどん / 四国 琴平 こんぴらうどん
  2. 堅パン / 四国 善通寺 熊岡菓子店
  3. 地産地消 / 四国 高松 活魚亭 ぜにや
  4. しょうゆソフトクリーム / 四国 小豆島 マルキン醤油記念館
  5. 讃岐すだち餃子 / 四国 丸亀 寺岡商店
  6. キムチそば / 四国 高松 居酒屋 おひさんにしにし
  7. 本格フランス料理 / 四国 高松 ミクニ タカマツ


おひさんにしにし

義弟は、とあるフレンチのレストランで支配人をしているシニアソムリエです。以前紹介した美味しいワインも彼が新酒で買って、とある地下のワインセラーに最高の状態で保管してあったものです。(プロのプライベートなので詳しく書けないことをお許しください) 久しぶりに二人で飲もうと深夜までやっている居酒屋さんに行きました。商売柄、25時だと言うのに、ゆっくりできる良い店をよく知っています。こんな店は浜松にはあるんだろうか・・・

食いしん坊の旅シリーズ 2007年 夏

  1. 讃岐うどん / 四国 琴平 こんぴらうどん
  2. 堅パン / 四国 善通寺 熊岡菓子店
  3. 地産地消 / 四国 高松 活魚亭 ぜにや
  4. しょうゆソフトクリーム / 四国 小豆島 マルキン醤油記念館
  5. 讃岐すだち餃子 / 四国 丸亀 寺岡商店
  6. キムチそば / 四国 高松 居酒屋 おひさんにしにし
  7. 本格フランス料理 / 四国 高松 ミクニ タカマツ



Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.