ディスク・ガイド・シリーズ #05 AOR

小学校の時は月刊明星・月刊平凡、中学の時は音楽専科・ミュージックライフ、高校はロッキングオン・ポパイ・アウトドア、大学はアドリブなんて雑誌をぼろぼろになるまで読んだものでした。社会人になってからは、毎月買うと言うより、その時に興味に関する雑誌・本を買いあさりです。最近はインターネットがあるから、あまり買わなくなりました(そうでもないか・・・)が、こと音楽は、あれっ?何だっけ?誰だっけ?となると、思い出すまで寝れなくなります(歳のせいです

そんな時に重宝するのが、このガイドブックです。2年くらい前にgorinovitchさんのブログで紹介されていて、このAORフュージョンを買いました。ペラペラめくっていくと、おっ!これは知らんなぁとか、このアーティストだったら、そっちよりこっちでしょ!ってな感じで楽しい。そして、また寝れなくなるのです

いまでは、29種類のガイドブックがあります。

  1. フュージョン
  2. ネオ・アコースティック
  3. ガレージ・パンク
  4. ソフト・ロック
  5. AOR
  6. パワー・ポップ
  7. ブリティッシュハードロック
  8. ブラジリアン・ミュージック
  9. ルーツ・ロック・レゲエ
  10. ジャパニーズ・シティ・ポップ
  11. UKニュー・ウェイヴ
  12. ラウド・ロック
  13. ブリティッシュ・ビート
  14. ゴールデンポップス
  15. アメリカン・ハード・ロック
  16. テクノ・ポップ
  17. UKプログレッシヴ・ロック メインストリーム・エディション
  18. ユーロ・プログレッシヴ・ロック
  19. テクニカル・ギター
  20. UKプログレッシヴ・ロック アウトスタンディング・エディション
  21. ブルース・ロック
  22. サンバ
  23. ポップヴォーカル
  24. パンク UKエディション
  25. ロカビリー
  26. EMO
  27. ハワイアン・ミュージック
  28. ウェスト・コースト・ロック
  29. パンク USエディション



女性のためのクルマ選び / 徳大寺 有恒

とあるエッセイ(1999年10月発行 クルマ関係ではない)で、著者が徳大寺さんとの会話で、以下のように徳大寺さんが言ってました。

「ボクはもう20年間も『小さいクルマの方が良いんだ』って言い続けてきたんだよ。だけど、日本が豊かになるに伴って、クルマはどんどん大きくなった。今のシビックなんて、昔のクラウンより大きいんだから。
 下らない見栄だよね、日本人の。
 本来ね、クルマの排気量は1リットルが一番合理的なんだ。1リットル、それ以上は要らない。そう思ってリッターカーに乗るのが一番格好いいよ」

女性向け、初心者向けに、コンパクトカーを紹介した本書ですが、その思想が随所に書かれていて、興味深く読めました。

さて、問題です。内外のコンパクトカー25台が紹介されていますが、総合評価で満点は1台だけでした。それは何というクルマでしょうか?
(答えはこのエントリーの最後にあります)




The Look of Love / Diana Krall

好きな音楽(サウンド)を追い求めて行こうとしたら、同じアーティストのアルバムを集めていくのが一番簡単な方法ですが、プロデューサーやアレンジャー、そして、参加ミュージシャンに目を向ける一歩踏み込んだ方法もあります。大学時代、新宿西口に何件か集まっているレコード屋へ毎日のように通って、ジャケットに書かれた文字を目を皿のようにして読んだものです(細目)。

さて、今回はナット・キング・コールのCDを足がかりに、少しJAZZっちゃおうかと調べたら、ダイアナ・クラールと言う女性ジャズ・シンガー&ピアニストがナット・キング・コール・トリオをカバーしたアルバムを出しているのを見つけました。さらに調べると、ダイアナ・クラールは、僕が聴き慣れたボサノバのアルバムも出していました。プロデューサーはトミー・リピューマだし、クラウス・オガーマン指揮のストリングだし、これでエンジニアがアル・シュミットだったら、外せません。

曲目を見ると・・・ ん おっ〜 これは絶対に買いです

  1. S'Wonderful
  2. Love Letters
  3. I Remember You
  4. Cry Me A River
  5. Besame Mucho
  6. The Night We Called It a Day
  7. Dancing In The Dark
  8. I Get Along Without You Very Well
  9. The Look Of Love
  10. Maybe You'll Be There


かんべえ 餃子

朝晩の出勤途中にある餃子屋「かんべゑ」さんは、のれんがかかっているのを見たことがありません。でも、美味しいと言う噂だけは聞いたことがあり、開店30分で売り切れたとか、冷まし餃子があるとか、真相を知るべく突撃してきました。

浜松餃子探検シリーズ (単なるエントリー順で、評価・ランキングではありません)



マリリン・モンロー

マリリン・モンローが分かる年代って、いくつくらいまでなんでしょうか?

実際のところ、僕もモンロー・ウォークと言う歌は知っていても、モンロー・ウォークがどういう歩き方なのかは分かりません。20世紀の映画の発達と共に生まれたスターは、実に、美しく、かわいく、そして、セクシーで、それが瞬間瞬間の表情で変わっていくのが、素晴らしいと思いました。今のように、メディアが発達していなかった時代は、本当に雲の上の星(スター)だったんでしょうね。




Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.