Basement Jaxx

The Singles [Special Edition] / Basement Jaxx

ずいぶん前にストリートダンスバラエティ「スーパーチャンプル」を見てて、この曲カッコいいって思ったのが、Basement Jaxx(ベースメント・ジャックス)の「Do Your Thing」
テレビを観てたり、ラジオを聴いてたりして、おっ♪って思った曲やアーティストをネットで調べられるから便利になりましたね。

でも、これがなかなか手に入らなかったんです。6月12日にアマゾンしたのに・・・



オフ会 おみやげ

オフ会の朝食に食べたます寿しは1300円で、とても美味しかったので、そうなると群を抜いて高い1800円のます寿しが気になって、買ってしまいました。クルマで遠出をして、おみやげ(自分の)を買うのも楽しいことです。今回もアタリのお土産を見つけましたよ



オフ会 070901

こういう元気な人たちは別格として、1日で1000キロ走るチャンスはなかなかないし、みんなと走れば楽しく出来るかなと思って、参加することにしました。当日は仕事だったので、途中からの合流です。仕事も終え、晩飯も食べ、シャワーも浴び、のんびり支度をしていたら、ありゃ遅刻しそう・・・

合流場所まで、カッ飛んでいったのが、あとでボディーブローのように効いて来るのです。

えっ、タイトルが違うんじゃないかって!? いえ、これで良いのです



アクセス分析 0708

8月のアクセスを集計したら、訪問者数が5696件、ページビュー数が14609ページでした。前月に比べ、訪問者数が1.65倍、ページビュー数が2.19倍になり、ビックリしています。

本当に沢山の方に来ていただき、コメントもいただき、ありがとうございました
これからも、頑張っていきますので、よろしくお願いします。ぜひ、コメントもね



ロードバイク ビギナーズ

ロードバイクビギナーズ 2 実践編

今日は天気予報がハズレて、先週末のロードバイク納品後、初めての雨です。こんな日はゆっくり半身浴でもしながら、本でも読むことにします。手元には本屋で買ってきたり、図書館で借りてきた自転車関連の本が山積みになってます。あんまり本を読みすぎて頭でっかちになってはいけないとも思うし、変な癖が付かないように基本だけは押さえておきたいとも思うし、悩むところです。

そんな中で先月発売されたこの本は、ロードバイク超ビギナーである僕のために発売されたような本です。A4サイズで字も大きいし、写真も多いし、ビギナー向けの基本が幅広く書かれています。この本を監修した森 幸春さんが昭和26年生まれの元プロレーサーで経験に基づいた内容なのも見逃せません。

 本来、ロードバイクはロードレースに出るための機材だ。でもマウンテンバイクとは違って軽く走れる爽快感とか、最近は初めてスポーツバイクに乗るような人でもいきなりロードバイクから入る人も多い。サイクリングロードには、平日でも健康のため、あるいは少しでも速く走りたいためにトレーニングとして走っている人をたくさん目にするようになった。
 でも、ロードバイクで速く走れるというのは、本来ライダーと自転車とが一体化したその先にあるものだ。ところが見ていると、多くの人は1時間で何km走ったとか、2時間でアベレージがいくつだったなどと、短い時間で速く走るほうに振っている。これではロードバイクが本来持っているはずの、長く楽しく走れるという機能を生かしきっているとはいえない。
 短い時間でより速く走るというのは、時間を有効に使いたかったり、苦しんで走っているとトレーニングしている実感が得やすいから、頑張ってしまうのだと思う。ロードバイクの爽快感は、もっと気楽に楽しめるものだ。時間がないからと必死にがんばって走るよりも、最初は「ゆっくりでもいいから少しでも長い時間、長い距離を走れる」という基本をしっかりと作っていったほうがいい。その基本ができた後で、次の段階として「より速く走る」ことに振っていかないと、安全な自転車走行というのは難しい。誰もが簡単に乗っているミニサイクルとロードバイクは、同じ自転車というジャンルではあるけれど、全く違ったものだ。ただ移動の手段として利用されるミニサイクルと、1日に200km以上を走る競技をするための機材とでは、似ている部分はあっても全く違ったものだと認識する必要がある。
 そのためには無理のないポジションや自分の能力にあった最適なパーツ選び、道具としてのロードバイクを使いこなすことも大事になってくる。



Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.