福来軒

浜松も政令指定都市になって、やたら広くなりました。西区育ちで、今は中央区に住み、南区へ通勤しているので、東区や北区、さらに北部の浜北区、天竜区はさっぱり分かりません 汗;;
今回探検した餃子屋さんは天竜区にありますが、遠州鉄道(通称:赤電)の西鹿島駅の目の前にあるので、JR浜松駅に隣接した赤電の新浜松駅から電車で30分ほどで行けるので、意外とアクセスが良いし、行って初めて分かったのですが、僕んちからもクルマで30分足らずです。

夕方は売り切れ終了らしいので、週末に行くことにして、今日は午前中に用事がいくつかあったので、予約なしの飛び込みでしたが、見事に撃沈しました(笑) 開店とほぼ同時に到着したのですが、のれんが出てないのでイヤな予感がしたのですが、入り口を入ると「ごめんなさい。今日はこの辺りのお祭りで売り切れなんですよ」とのこと。明日の日曜なら、まだ大丈夫だと聞き、もちろん予約して帰ってきました。

口コミ通りの美味い餃子・・・ もっと早く行けば良かった。

浜松餃子探検シリーズ (単なるエントリー順で、評価・ランキングではありません)



石松ぎょうざ店

昭和30年代の浜松駅周辺で人気だった餃子屋台、幻の「石松」餃子の直系の餃子店は2店あり、ひとつは店を手伝った息子さんが増楽町のスズキ前で始めた餃子専門店「喜慕里」、もうひとつが娘さん夫婦が浜北市の小松で名前もそのままに営業しているこの「石松」です。あちらは昔ながら街の餃子屋として営業していて、こちらは手広くやっていますが、どちらが先代の味を守っているのでしょうか?

少なくとも、今回食べたショッピングセンターにある店舗(もちろん本店も行ったことがありますが)は、写真のように焼きにムラがあり問題外。手作りだった頃と同じ値段を取るなら、そして浜松餃子として東京へ出店しているなら、もっと気合を入れて欲しいです

デジカメ写真なので、濃い目に色が出てますが、実際はもっとひどい。左奥は焦げてて、右手前は焼き目が付いていない。これくらいなら僕でも出来ます。

浜松餃子探検シリーズ (単なるエントリー順で、評価・ランキングではありません)



フロント

ミニベロを買うつもりで自転車屋さんに行き、ロードバイクを衝動買いして「自転車、買っちゃいました」とエントリーしたら、うちのクラブ自転車部(クルマのクラブなのに、なぜか自転車の部活がある)の《》Manma部長に、「コンパクトドライブにした方が良いかも」とコメントいただきました。早速、自転車屋さんに電話したら、「先日も説明しましたが(えっ、そうだっけ)、その方が良いと思います。それに購入時だったら最初から付いている部品を下取りしますよ。」と言われ、速攻でコンパクトドライブ シマノ FC-R600に交換しました。

これ、マジで大正解でした。《》Manmaさん、ありがとうございました。



Bill Withers

Lean on Me / Best of Bill Withers

進歩がないと言うか、初心貫徹と言うか、自分で笑ってしまいました。

昨日は夕方、少しだけ雨が降り(今日は台風)、仕事を終えて帰る時、ちょっと肌寒くて秋口の曲を探してたら、このアルバムがピッタリの気分でした。帰宅して、そう言えば前のブログでも、このアルバムのことを書いたことを思い出し読んでみたら、3年前もまったく同じことを言ってました

このアルバムは秋口になると聴きたくなるんですよね♪

一番好きな曲はやっぱり「Lovely Day」ですが、レオンとニキータの艶やかコンパクト:ティーダのCM曲「Use Me」や、僕と同年代なら懐かしいグローヴァー・ワシントンJr.の大ヒットアルバム「ワインライト」の「Just The Two Of Us」なんかも入ってます。



夢明り

酔っ払いオヤジ〜ズも、たまには浜松駅周辺に繰り出すこともあります。街中を中心に飲み歩いていた頃に良く行っていたバー・トライアングルが随分前に移転し、元の場所はオーナーバーテンダーの知久さんが日本酒バーにしたと聞いていたので、久しぶりにちょいと寄ってみることにしました。

ずらっと洋酒が並んだカウンター正面が、見事に日本酒の冷蔵庫に変身していました。知久さんの趣味の良さ、雰囲気作りのうまさには感心させられます。




Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.