The Look of Love / Diana Krall ダイアナ・クラール


The Look of Love / Diana Krall

好きな音楽(サウンド)を追い求めて行こうとしたら、同じアーティストのアルバムを集めていくのが一番簡単な方法ですが、プロデューサーやアレンジャー、そして、参加ミュージシャンに目を向ける一歩踏み込んだ方法もあります。大学時代、新宿西口に何件か集まっているレコード屋へ毎日のように通って、ジャケットに書かれた文字を目を皿のようにして読んだものです(細目)。

さて、今回はナット・キング・コールのCDを足がかりに、少しJAZZっちゃおうかと調べたら、ダイアナ・クラールと言う女性ジャズ・シンガー&ピアニストがナット・キング・コール・トリオをカバーしたアルバムを出しているのを見つけました。さらに調べると、ダイアナ・クラールは、僕が聴き慣れたボサノバのアルバムも出していました。プロデューサーはトミー・リピューマだし、クラウス・オガーマン指揮のストリングだし、これでエンジニアがアル・シュミットだったら、外せません。

曲目を見ると・・・ ん おっ〜 これは絶対に買いです

  1. S'Wonderful
  2. Love Letters
  3. I Remember You
  4. Cry Me A River
  5. Besame Mucho
  6. The Night We Called It a Day
  7. Dancing In The Dark
  8. I Get Along Without You Very Well
  9. The Look Of Love
  10. Maybe You'll Be There


AMOROSO (イマージュの部屋) / Jo���o Gilbertoジョアン・ジルベルト

プロデュース:トミー・リピューマ、ストリング:クラウス・オガーマンによるボサノバの名盤(コアな人には少し軽い)で、何と1曲目が同じ S'Wonderful です。約30年前のアルバムですが、全然色あせていません。

そして、ダイアナ・クラール。やっぱり、しっかり、ズボッとはまりました


All for You: A Dedication to the Nat King Cole Trio

さて、コールのカバーしたアルバムの方は、英文のライナーの訳文を転載します。

ナット・キング・コールは二人いた。ただし、大半の人は一人しか覚えていない。名高いナット・コールは、ねちっこい程豊潤な喉の大衆のアイドルで、彼の「アンフォゲッタブル」「ネイチャー・ボーイ」「モナ・リザ」の録音は、今この時も、アメリカに百あるイージー・リスニング局のどこかしらでかかっている。忘れられたナット・コールは、ジャズ史の5本の指に入る優れたピアニストだ。澄明なソロとどっしり座ったスイングを持つその何食わぬ名人芸は、オスカー・ピーターソンビル・エヴァンスをはじめとする多くの敬愛者たちに跡を残した。それら二人のコールを一緒にすれば、歌手、演奏者の両方に等しく影響を与えた、巨大な偉人像が出来上がる。と同時に、彼はルイ・アームストロング同様、ごく普通の人から音楽通まで、あらゆる人を魅了した。デューク・エリントンのもってこいのフレーズで言えば、彼はカテゴリーを越えていた。そして、その訃報には世界中が泣いた。

つまり、ダイアナ・クラールは、美貌やシンガーとしてだけでなく、ピアニストとしても、一流だと言いたい訳で、ピアニストであることを押し出したアルバムになっています。

(ナット・キング・コールは奥が深いですね)



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Art-Foodsさん
初耳でした。
知りませんでした、全く。
今、アマゾンで注文してしまいました(2枚とも)。
楽しみです。
聴きながら酒を飲み過ぎた場合はNojeeさんに責任を取ってもらおうと思っています(´Д`)
インプは後日…多分二日酔いのアタマで。
良いものをご紹介いただきありがとうございました(*´ω`)
2. Nojeeさん
2枚とは、「The Look of Love / Diana Krall」と「AMOROSO (イマージュの部屋) / João Gilberto」ですね。酒の飲みすぎは保証付きです! 特に後者に入ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの波(Wave)は最高です
3. Art-Foodsさん
AMOROSOはコレクションにありましたので(時々ボッサは聴きます)「The Look of Love」 & 「All for You」を注文しました。
夏にはそこに浸りながら、違う季節にはそこに思いを馳せながら…と一年中楽しめそうです。

フラメンコ・ミュージックも時折聴きます。
6〜7年前にパコ・デ・ルシアが浜松に来た時に行きました。
素晴しいひとときでした。スペインに行ってぜひ現地のミュージシャンのパフォーマンスを楽しんで来よう、と夢に描いています。
4. Nojeeさん
AMOROSOは、マストアイテムですものね。

南米だとアルゼンチンのギタリスト Luis Salinas(ルイス サリナス)をトミー・リピューマがプロデュースした「Salinas」と言うアルバムがすっごく良いです。が、アマゾンで見たら、廃盤っぽいです。

そうそう、パコ・デ・ルシアと言えば、友人から最近教えてもらったのですが、スパニッシュギターを弾く人が路上ライブをやってて、かなり上手いらしいです。一度観に行きたいと思ってます。ペットの名前が「ぱこ」と言うらしい。

http://www.geocities.jp/ashkhase/
5. 青の6号さん
旦那のエルビス・コステロ、結婚してから曲の雰囲気変わったなあと思います。

The Girl in the Other Roomには、コステロの曲もたっぷり。守備範囲が広く、ブルース含め何でもイケますと云うのがよく判ります。

美人でピアノも達者、勿論素晴らしい声の持ち主でもあり、CDジャケットが映えますね。
6. Nojeeさん
青の6号さん、詳しいですね。ダイアナ・クラール自体、今回のエントリーの内容で知りましたし、コステロの奥さんだってことはエントリーを書く時にWikipediaを見て知りました。何で?って感じでした(笑)
7. Art-Foodsさん
おはようございます。
青の6号さんも含めホントにお詳しい方ばかりで、カタミが狭いです(´Д`)
しかしコステロの奥様とは…

HaseさんのHPやブログも拝見しました。遠州にも素晴らしいミュージシャンがいらっしゃるのですね!機会があればライヴを観に行きたいです。
マインシュロスでもライヴやってるんですね〜アソコは3回ほどビール飲みに行ったことあります。料理も楽しいし (e^□^e)

本日、当方のブログの“アンテナ”セクションにNojeeChipsをリンクさせていただきました。
宜しくお願いします。
8. Nojeeさん
Art-Foodsさん、リンクありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.