本当のコーヒー通

銀座で珈琲50年

銀座で珈琲50年 カフェ・ド・ランブル / 関口 一郎

「所謂(いわゆる)コーヒー通とはどんな人ですか」とは、私がよく受ける質問である。
 一般にはブラック(ノーミルク)で飲む人、日に何杯も飲む人、供されたコーヒーの銘柄を言い当てる人、書物や人伝にて仕入れた知識をそれとなく披瀝(ひれき)する人・・・などが通とされているようだ。
 しかし私の結論では、「いま自分が欲しているコーヒーを正確に注文できる人」こそ本当の「通」ということになる。
 たとえ最高級とされる銘柄でも、それがおしなべて誰にも一番美味しいとはいえない。コーヒーには各人各様の好み(苦味・酸味)があり、更に体のコンディションや時間帯によって、要求するものが違ってくるからだ。
 肉体的に疲労している時などは、体が糖分を要求しているのだから、砂糖のたっぷり入ったコーヒーがおいしいものである。こんな時には、無理してブラック・ノンシュガーで飲まなくてもよいはずだ。

「第21話 本当のコーヒー通」より、一部引用させていただきました。

好き・嫌い、その時の気分・体調で聴きたいものが違う音楽と一緒ですね。まだまだ、美味しいと言われるコーヒーを飲みまくっていくしかありません。

珈琲だけの店「カフェ・ド・ランブル」(この本も通販してます)、一度行ってみたいです



目次

  1. 日本人のコーヒー
    1. 日本人は、1日に何杯のコーヒーを飲むか?
    2. 日本のコーヒーの値段は
  2. インスタント・コーヒー体験
    1. ポスタムという飲み物
    2. 戦中のインスタント・コーヒー体験
    3. 戦後のインスタント・コーヒー体験
    4. インスタント・コーヒーの製法と値段
    5. インスタント・コーヒーとレギュラー・コーヒー
  3. オルド・コーヒー
    1. オール・アバート・コーヒー
    2. 群馬のコーヒー事件
    3. 住田物産(株)の半田社長
    4. 富士珈琲機会製作所の先代寺本社長
    5. ブラジル珈琲院の鑑定士との対話
    6. エージング・ルーム
  4. 日本茶道とコーヒー・セレモニー
    1. 私とお茶
    2. お茶対談
    3. 茶道とコーヒー・セレモニー
  5. サイフォンのコーヒー
    1. 終戦直後のサイフォンを使っていた店
    2. アメリカン・コーヒーは紅茶の代用だった
    3. サイフォンの特許を取る
    4. サイフォンで上手に入れる方法
  6. コーヒー通とは
    1. 本当のコーヒー通
    2. 目や頭で飲んでいるコーヒー
    3. ノーシュガー
    4. ノーミルク
    5. 炭焼きのコーヒー
    6. 飲み物の温度
  7. タレーラン「地獄のコーヒー」
    1. タレーランの理想のコーヒー
    2. タレーランと「ウィーン会議」
    3. タレーランのコーヒーへの異議
  8. フランスコーヒーへのあこがれ
    1. フランスのコーヒー用語
    2. フランス語学習のこと
    3. 子供とコーヒー
    4. カフェ・オ・レーと式根島体験
    5. フランスコーヒー修行断念の理由
  9. コーヒー・ミルの良し悪し
    1. コーヒー・ミルの種類
    2. 抽出と粉の荒さの関係
    3. ミルと微粉
    4. スチール・カットミルについて
    5. まぼろしに終わった電動ミル
    6. ランブル自慢のミル
    7. グラニュレーターについて
    8. 家庭用のミル
  10. コーヒーと水
    1. 塩素ガスの消毒臭
    2. 経済成長下の水と浄水器
    3. 美味しい水の条件
    4. ミネラルウォーターとコーヒー
  11. 珈琲の「コク」と「アク」
    1. 「アク」は「悪」か
    2. シルバースキンとコーヒー
  12. 日本のコーヒーの現状
    1. 日本の珈琲の輸入状況
    2. 生産国から見た日本のコーヒー


小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Tom-Zさん
かなり渋いお店ですね。
今度、会社帰りに行ってみようかなぁ。
2. Nojeeさん
Tom-Zさん、
コメントありがとうございます。

ぜひ、特攻隊長として、突撃して、レポートしてください。

このところ、出張する機会がなくて
3. カサさん
店前を通る度「珈琲だけの店」という看板がすごく気になっていたんですが、やはり歴史のある、こだわりのお店だったんですね。
今日もコーヒーを煎る香りが、外まで漂っていました。

このお店の裏の支那麺屋をよく利用するので、
今度その帰りに入ってみようと思います。
4. Nojeeさん
カサさん、
コメントありがとうござます。

店前を通る度・・・ですか、うらやましいです。「コーヒーを煎る香りが、外まで漂って」かぁ〜、良いなぁ〜。
もし、行かれたら、簡単に(一言だけでも)どんな感じだったか、教えてくださいね。

カフェ・ド・ランブルさんは、昭和23年(1948年)に開業されたそうですので、今年で60年になります。本の中には、その歴史の中での出来事も書かれているので、実際にその歴史のある店にも訪れてみたいです。
5. たかのさん
また視野が広がりました。感謝です。
僕はときどきコーヒーを飲み干した後、カップを鼻に押さえつけながら本を読んだりしてたんですけど、その謎(?いいわけ)が見つかりました。香りで脳の血流が増大するんですね。
おかげさまでポンポンに本日行ってきました(?)。
6. Nojeeさん
たかのさん、
コメントありがとうござます。

ほよっ?「香りで脳の血流が増大する」とは、カフェ・ド・ランブルさんのウェブサイトに書かれてたのでしょうかね?

紅茶が発酵させた茶葉から、どうやって美味しく抽出するかのステップが始まるのに対して、コーヒーは、生豆、焙煎した豆、挽いた粉、その淹れ方、さらに、インスタントや缶コーヒーまで含めると、選択肢が多くて、深いので、どっぷりハマってます。
7. roloさん
関口さんが作られるフルーツケーキもとても美味しいですよ。

私の家の裏にも同じ名前のCafeがありま〜す。もちろん美味しいです。
8. Nojeeさん
roloさん、
コメントありがとうござます。

行かれたことがあるんですか!良いなぁ〜。

ん?家の裏?・・・ホントだぁ〜。ビックリ。

ちょっとこれ以上は書けないのが申し訳ありませんが、オフ会の時、詳しく教えてくださいね。楽しみがひとつ増えました、ルン♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.