コーヒー伝播史

コーヒー伝播史

コーヒー伝播史 / 関口 一郎

歴史に触れることは、知識に深みができて、とても良いことだと思います。

 こうした儀式でコーヒーを飲んでいるという情報は、当時外来船が出入りしていた堺の港にもたらされ、日本茶道の確立をめざしていた千利休によって、いちはやく吸収され、その中に巧みに取り入れられたとも考えられる。日本茶道のルーツは回教圏にあったのではないだろうか。

「第8章 1節 コーヒー・セレモニー」より、一部引用させていただきました。

ここでの「こうした儀式」とは、17世紀のトルコで行われていたコーヒー・セレモニーのことです。(Wikipediaに書かれたコーヒー・セレモニーより、さらに格式高かったようです)

 嗜好品はより良く、より美味しくということを求められるものである。
 珈琲がヨーロッパに伝播してから400年くらいになる現在、世界中で珈琲を飲まない国は無い。なぜこの様に急速に世界的な嗜好飲料として普及したかというと、一口で言えば美味しかったからである。それが、現在の珈琲のように、美味な品質を度外視して量産にのみ走っていたら、珈琲は過去の飲物になってしまうのではないかと、恐れる。

「第10章 原始的な飲み物から近代的な飲料へ」より、一部引用させていただきました。

この2つの文章を読むと、爆笑問題の「千のリキュール」は、たしかにオチャラケですが、千利休は感性の相当鋭い人で、アーティスト、アレンジャー、プロディーサーとして、ビビッと(美ビット)来ちゃったんですから、今の時代に生きていたら、本当に美味しいコーヒーを日本に広げたり、千のリキュールを創るのも、楽勝だったでしょうね

珈琲だけの店「カフェ・ド・ランブル」(この本も通販してます)、いつか必ず訪れたいな



目次

  1. コーヒー発見の伝説
    • カルディー発見説
  2. 生で食べていた珈琲
  3. 人の出会い
  4. 一般の飲用、始まる
  5. 珈琲の飲用禁止令
  6. ヨーロッパへ紹介される
    • コーヒーは異教徒の飲み物
    • キリスト教徒に解禁
    • ヨーロッパへの流入
  7. 各地にコーヒー・ハウス
    • トルコ・コーヒー
  8. ヨーロッパのコーヒー・ハウス
    • コーヒー・セレモニー
    • 各国にコーヒー・ハウスの開店
  9. 西欧諸国の珈琲樹移植時代
  10. 原始的な飲み物から近代的な飲料へ


小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.