今に見てろ〜! カップオブエクセレンス

カップ・オブ・エクセレンス

怒ってるわけじゃないんです。今に見てろ!とココロに誓ったんです

コーヒーの豆がなくなってきたので、ポンポンさんでおススメの豆を買ってきました。カップ・オブ・エクセレンス(The Cup of Excellence、略してCOE)と言う、生産国ごとの品評会で生産国以外の審査員に「最高!」と評価されたコーヒーです。ってことは、美味いコーヒーには違いない。そして、この香りと味が最高だとするなら、いままでのコーヒーは何だったんだ?って言うくらい、も〜全然違います。(最近良く牛になります

でも、

どう違うの?どう美味いの?って聞かれると、・・・・・・・・ 分から〜ん?

分からんなりに、1.淹れる前も淹れた時も香りがすごく強い、3.新鮮な豆の香り(例えばえんどう豆)がする、4.味が甘い、ような気がするんです。合ってるの?

チキショー 良いモノを良いと評価できないのが、くやしいです。

今に見てろ〜! カップオブエクセレンス


カップ・オブ・エクセレンス

ホンジュラス・モゴラ

カップ・オブ・エクセレンス

「少し古いですが・・・」と言われてもらったカップオブエクセレンスのパンフレットには、下記のように書かれています。

  • カップオブエクセレンスの称号を勝取るコーヒーとはどんなコーヒーか?
    カップオブエクセレンスを勝取るコーヒーは、グリーンコーヒーの国際エキスパートのグループによって、その国の特定の年の最高のコーヒーとして選ばれてきました。
  • カップオブエクセレンスのコーヒーは何がそんなに特別なのか?
    素晴らしい品質のコーヒーは極く稀にしかありません。称号を勝ち取るコーヒーは、栽培される地域の固有の特徴を備えていますが、総てが職人芸の手造りによりユニークな特徴が高められるのです。更に完全に熟したチェリーだけを注意深く摘み取る事により、際立つ高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つようになります。
  • どのようにしてコーヒーが選び出されるのか?
    生産国の国中からコーヒーの生産者は、一年に一回開催される3段階のコンペティションにサンプルを出品します。コンペティションに参画するロットは、第一段階はスペシャルティコーヒーの最低品質基準に達しているかの確認のフルイに掛けられます。フルイにかけられコーヒーは、国内審査員による「目隠しテスト」でトップ・グループの選び出し、そして最終的に、3日間に亘るコンペティションを経て、国際審査委員が「最高の中の最高のコーヒー」に対し「カップオブエクセレンス」の称号を授与します。
  • 誰がカップオブエクセレンスの審査員に選ばれるのか?
    カップオブエクセレンスの国際審査員は唯一招聘によってのみ選定されるのです。多数の国々および、当該開催国からのコーヒー味覚審査のエキスパートで構成されています。コンペティションのそれぞれの国際状況を勘案して、通常は広範囲に亘る経験豊かな24人が選出されす。国際審査員は米国、欧州、日本、カナダ、オーストラリア、ブラジル、ニカラグア、エル・サルヴァドールから選抜されます。国際審査員の共通要素は卓越した品質審査技量と、素晴らしいコーヒーを愛し評価できる事です。
  • いくつのコーヒーがカップオブエクセレンスの称号を授与されるのか?
    格式の高い名誉ある称号を与えられるコーヒーのロット数は、参画・出品されたコーヒーの品質のレベル次第で決まります。条件を満たす品質基準は非常に厳しいので、ほんの一握りのコーヒーが名誉を勝ち得るのです。
  • カップオブエクセレンスの称号をかち得たコーヒーはどのようにして販売されるのか?
    これらの賞賛されるコーヒーは、コーヒー輸入会社やロースターに対し公開国際インターネットオークションを通じて販売されます。最高価格を提示した者が、コンペティションに出品された当該ロットの全量を買い取ります。
  • カップオブエクセレンスを勝ち取ったコーヒーを誰が買うのか?
    世界のトップクラスのコーヒーが持つ、複雑で奥行きのある風味の特性を評価できる鋭敏な味覚を持つ世界中のコーヒー愛好家がこれらのコーヒーを買い求め風味を楽しみます。これらのカップオブエクセレンス・コーヒーを買うロースターは、顧客に最高の品質のコーヒーを提供したいからなのです。
  • この称号は生産者にとってどんなに重要なことなのか?
    称号を勝ち得た生産者は品質向上にひたむきな努力家であると認知される事になり、自らが鼓舞されます。その生産者は国内表彰儀式で、格式ある栄誉を受けるだけでなく、オークションにおける記録的な高価格は、高価格に値しそれを希求する生産者の手取りとなります。更に、その生産者は市場で認知されます。栄誉を受けた農園は、又往々にして周辺地域は、訪問者と取引の引き合いを受ける事が期待されます。カップオブエクセレンスの称号を継続して勝ち取るコーヒーは、ワインのグランクリュウに極めて似た高い地位の評価を得る事になると思われます。
  • カップオブエクセレンスの称号を勝ち得たコーヒーは何を目印に確認できるか?
    カップオブエクセレンスのロゴを麻袋や店頭で探して下さい。称号を勝ち得たコーヒーの総てはカップオブエクセレンスの登録商標をつけて販売されます。カップオブエクセレンスの称号を勝ち得たコーヒーが市場に出回る迄に、数ヶ月掛ける事を知っていただいて、コンペティションを開催する特定の生産国と開催年を探して下さい。もしコーヒーにカップオブエクセレンスのロゴが入っていなければ、そのコーヒーはコンペティションの勝者ではありません。称号を勝ち獲った農園で生産される総てのコーヒーがカップオブエクセレンスの称号コーヒーという訳ではありません。
    生産者は往々にして少量のコーヒーをコンペティションに出品し、残りは別途に売却します。
  • 誰がカップオブエクセレンスのコンペティションを創設・開始したのか?
    品質向上に熱心なブラジルの生産者グループが、彼らの最高のコーヒーが認知され称号を与えられる為の方策としてコンペティションをスタートさせました。現在ではこのカップオブエクセレンスのプログラムはニカウグア、エル・サルヴァドールにも共有され、これらの国の生産者は類稀な高品質コーヒーを生産しています。このプログラムにより創造された強調体制はコーヒー生産者にとって新しいのものであり、今後他の生産国に伝播拡大されると思われます。
カップ・オブ・エクセレンス

中央がカップ・オブ・エクセレンス「ホンジュラス・モゴラ」です。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. FACOMさん
手前の真ん中の豆が、確かにおいしそうですね♪

豆の大きさ、粒の揃い具合、焙煎の感じがナイスです。

コーヒーだけだと何ですので、組み合わせるお菓子は何が良いか考える必要アリかもしれませんね。
2. Nojeeさん
FACOMさん、
コメントありがとうございます。

そうなんですよ。豆が大きくて揃ってますね。

だだ、説明不足で申し訳なかったのですが、ポンポンさんには買う時に、「豆が大きいけど、大きいからカップ・オブ・エクセレンスじゃないんですよ」と言われました。

また、前の左側、後ろの2つはブレンドなんですよ。まずは、ブレンドから試して、好きな味を探そうと言う作戦です
3. イヤン・バッソさん
奥が深そうですね・・・

こだわりだしたらドップリはまりそうです。
4. Nojeeさん
イヤン・バッソさん、
コメントありがとうござます。

マジ、ハマりますよ!でもね。お金はかかりません。

実は、職場が変わって、缶コーヒーを2本、3本飲む日々になりました。

で、電動ミルとカフェプレス(コーヒープレス)とステンレスマグで9000円、250グラム1000円のコーヒーを毎日20グラム2杯飲むとすると、2ヶ月でミルとプレスとマグの分が出て、2ヶ月過ぎたら、コーヒー1杯40円で飲めます。かつ、最高に美味しいコーヒーです。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.