ルノーのこと、忘れていませんか!?

Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
ルノーのこと
忘れていませんか?

ルノーを知ると見えてくる、新しい世界と新しい生活

欧州では屈指の自動車メーカーであり、実力は世界的に高く評価されているRENAULT
しかし何故か日本では苦戦続き・・・。皆さんが見逃しているであろう本当の魅力を、再度解き明かしていきましょう。


 おっしゃる通り、胸が痛いです。頑張れ!ルノー!!

僕たちのルノー・オーナーズ・クラブ Meganiste Japon(メガニストジャポン)が載せていただいたカーセンサーエッジ(2008年5月22日号)の特集です。


Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
ドイツ車が有名なコース料理なら
ルノーは濃厚な地方料理の味

美味しい仏産テーブルワインみたいなものなんでしょうね。ルノー。このところちょっと落ち美味とはいえ、ヨーロッパ市場じゃ年間150万台以上売れてるバリバリの定番商品。わざわざ高い金出して有名ブランド買うより、こっちの方が安いし旨いし、ちゃんと”おフランス”しているし、同じくリーズナブルなヌーボーのようにイベント性はないけれども、一年中楽しめるぞ、みたいな。

Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
スゴイのはメカ形式ではなく
その1台1台の仕立て方

「普通のクルマ」であるルノーは、日本人のオッサンたちが大好きな「舶来の高級品」じゃあないので、理解されづらかったし、これからもそうでしょう。しかし、それは輸入車ゆえの値段や保守の面での不利を押しても選ぶ価値のあるクルマ。それは、「高い=偉い」という俗な嗜好を卒業した玄人のクルマなのです。

Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
今ならギリギリ新車で購入できる
手に入れないと損する自動車
Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
自己アピール不足で損をしている
走る隠れ家的存在

この前もメガーヌRSに乗ろうとして、「前と変わってないですよね?」と広報の人に聞いたら、「実は・・・」のあとに10項目くらい改良箇所が出てきた。ネタがあるならアピールすればいいのに。クルマの味つけもそう。5分走ればらしさを感じるプジョーやアルファと違って、ルノーのよさはチョイ乗りじゃほとんどわからない。

Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67
暮らしの中にあるだけで
幸せな気持ちにさせてくれる

今の日本では輸入車っていわゆるブランドものしか売れてないんですよね。買った理由の説明が不要で、それなりの生活感あるいは豊かさが見透かせるようなクルマあるいはブランドしか。そういう観点で観た場合、ルノーはおそらく選択肢に入ってこないクルマでしょう。いいんです。ルノーは周囲の視線を気にして選ぶクルマではないんだから。でも、その代わりに今の暮らしの中にともにあるだけで、日常がほんのり華やかになる、毎日の生活がしょっと明るくなる。ルノーとは、そういうクルマではないでしょうか。


Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67

こんな表紙。まだまだ買えますよ♪


Car Sensor EDGE 2008 May Vol.67

だはは、うちのフィアットとルノーが選ばれてるぜ



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Tom-Zさん
ディーラーの担当氏にこれを見せたら…
「忘れてないですか?なんて心外だなぁ」と(笑)
2. Nojeeさん
Tom-Zさん、
コメントありがとうござます。

世界で200万台、日本で2000台じゃ、そう言われても仕方ないですよね。

価値観の創造が必要なんでしょうね。
3. あーる(トリノ在住)さん
実は買いましたよー。日本で
いい感じの記事でしたね。
本誌はあまりに分厚いので、日本に置いてきましたけど.....。
4. カバチャリさん
先日ディーラーに行きましたら、経費削減で目下広告宣伝を抑えているんですって。
もう少し、やらないとなあ。
5. Nojeeさん
あーる(トリノ在住)さん、
コメントありがとうござます。

グッドなタイミングで、一時帰国されてたんですね。トリノでメガニストジャポンの宣伝、よろしくお願いします♪
6. Nojeeさん
カバチャリさん、
コメントありがとうござます。

宣伝しなきゃ、忘れられる前に知られることもありませんね(爆)

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.