あえて威張らないSUV、ルノー コレオス Renault Koleos

Renault Koleos


 先日紹介した小沢コージさんの本、一気に読みました。面白い!!

今後の自動車産業の命運を握るのはカーデザインである。動力性能や居住スペース、快適さなどで各メーカー間の差がなくなってきた分、違いを見出せるのがデザインだけになりつつあるからだ。

快適かつ安全に走れるのはもはや当たり前。違いは見た目のみ。まさしく、身を守るもの、心地よいものとしての役目以上に、着る人の存在感を高み、自分らしさを表現するための道具となった洋服のようだ。

クルマ界のすごい12人 / 小沢コージ」より

ルノー・コレオスは「自分らしさを表現するためのクルマ」として申し分ないですね。

ボディは、4520×1855×1710mmで日本の兄弟車に比べると幅の広さが目立つ。ルーテシアに似たフロントマスク、強く傾いたリアゲートなどのおかげで、SUVっぽいイカツサがない。デザイナーに聞くと、あえて攻撃的にならないカタチをめざしたのだという。いばらないSUV。フランスらしいコンセプトだ。

いばる【威張る】 Yahoo 類語実用辞典より

〈気が〉驕(おご)る 〈態度が〉高ぶる 思い上がる 鼻に掛ける 威丈高(いたけだか)〈な振る舞い〉 高飛車(たかびしゃ)〈に出る〉 嵩高(かさだか)になる 虚勢を張る 増長する 不遜(ふそん)〈な態度〉 尊大 高慢 傲慢(ごうまん) 傲岸 横柄 高圧的 威圧的


Renault Koleos

稜線(プレスライン)は、デザインの要(かなめ)となる大切な要素です。

Renault Koleos

プレスラインをしっかり意識したスケッチ。

Renault Koleos

ルノーのデザイン、好きだなぁ〜。

Renault Koleos

Renault Koleos

Renault Koleos


気になるデザインのクルマが増えましたね。


追記:

エクストレイル

ちなみにディーゼル搭載エクストレイルは、当面、MT車のみの販売となるという。欧州では6速ATとの組合わせでも市販されているのだが……。この点に関する日産の公式見解は、「まずはエクストレイルのようなSUVやMTを積極的に選択するような行動派、クルマ好きの層にアピールし、クリーンディーゼルの良さと認知度を高めたい」というもの。しかし、どうにも歯切れが悪い。

筆者は以前、テストコースで欧州仕様エクストレイルのAT車に試乗した経験がある。当り前の話だが、クルマとしての完成度は文句ないレベルだった。MTのみ市販の背景には、三菱自動車なども2007年中の新世代ディーゼル国内投入を宣言している中にあって、「エンジン系とATとの協調制御にいましばらく時間がかかるが、クリーンディーゼル市販一番乗りは達成したい…」といった思惑があるのだろう。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Yoshiさん
Nojeeさん、こんばんは。
先日パリに出張した時に実車を目にする機会がありました。日本の道路環境にもちょうど合いそうなサイズです。日本投入計画があればいいのにって感じのクルマですよね。
2. m-planetさん
先日、厚木ルノーで聞いた『秋頃(春先?)発売されるSUV』ってコレかしら?エクストレイルだかデュアリスだかと共通シャーシの・・・。

ところで、日産からクリーンディーゼル車(エクストレイル)が出るそうで・・・MTのみ♪
どうして、世間から大ブーイングなのかワカンナイなぁ〜
3. Nojeeさん
Yoshiさん、
コメントありがとうございます。

m-planetさんがおっしゃるように、日本でも発売されるようですよ。でも、優しい顔のSUVは売れるのか、ちと心配ですね。実車でも写真のようにアンダーカバーが付いたスポーティな感じだと、もしかしたら・・・って期待してしまいます。

ヨーロッパは東欧(ロシア、ポーランド、チェコスロバキア、ハンガリー、オーストリア)しか行ったことがありません。パリ、行ってみたいなぁ〜
4. Nojeeさん
m-planetさん、
コメントありがとうございます。

クリーンディーゼルのエクストレイルは僕も気になってて、昨日見た記事へのリンクと引用を追記しておきました。

男がオートマ車に乗ってたら、ボロクソ言われるイタリアと違って、日本ですからね(笑)

どうも、オートマ車の開発が遅れてるみたいですよ。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2020 Nojee, All rights reserved.