試乗したけど、、、メガーヌ3

megane1


 ・・・ やっぱ、CVTじゃねぇ

ここ数日、朝エンジンをかけるとマフラーがどこかに当ってるような音がしたので、ディーラーさんに見てもらいました。で、ジャッキアップされてる間にメガーヌ3を試乗しました。

ショールームから出たメガーヌをちょこっとずつ角度を変え、立ったり座ったりして、たくさんの写真を撮りました。サイドの盛り上がりが分かる、この角度がベストアングルかな。

ちなみに、音の原因は、マフラーに厚めのアルミ箔のようなガイドが何かの原因で曲がって、触っていただけでした。


megane2

後ろから見ると、フツーに、いやいや、コンサバティブ([名・形動]保守的なさま)になりましたね。小さな声で言いますけど、これならシトロエンC4とどっこいどっこいの個性だと思ってしまいますが、どうでしょう・・・

さて、よろしくね♪と声をかけつつ乗り込んでみる。メガーヌ2よりヒップポイントが下がったような気がします。シートやハンドルの位置を好みに合わせ、左足でフットレストを踏み込んで、シートにカラダを(ん?カラダにシートを?かな)、まぁ、とにかく、やっぱし、メガーヌのシートはしっくり来ます。よしよし。

そして、エンジンをかけ、ゆっくりスタート。片側2車線の道を走り、いつもの試乗コースへ向かう。軽い登り、軽いカーブ、それなりの上り下りがあって、アクセルもベタ踏みできる。ルノースポールでは、もてあましてしまうようなコースですが、何度も往復して日常の走りを試すのには十分。

結論、フットワークは合格、でも、CVTじゃダイレクト感がなくて楽しくありませんでした。


追記:

morozumi

ハイブリッドカーは本当にエコなのか? / 両角 岳彦

僕が尊敬する両角岳彦さんがCVTへの考察を少し書かれています。

  • CVT(連続可変変速機)は燃費が良い?
ここで欧州勢は、自動車メーカーも、そのクルマづくりを支える部品メーカーも、2軸式歯車を組み合わせた、今までならMTに使われていたメカニズムを基本に、発進と変速の操作を自動化する、という技術開発を「本命」の座に据えている。もちろん既存の遊星歯車式ATも、単に多段化するだけではなく、伝達効率の改善、そしてトルクコンバーターの使い方(できるだけ使わないこと)を含めた変速と伝達の制御のブラッシュアップなど、様々な進化が織り込まれつつある。日本のAT開発、実装には、こうした発想はほとんど見られない。CVTと同じ机上論でルーズに、過剰に変速するものを「良い」とする常識から抜け出せないままである。今や、自動車用動力伝達装置としてのCVTに「うつつを抜かしている」のは、日本だけ、になりつつある。この「連続可変変速機」という特質が活きる場所は、もっと他の分野に見出すべきなのだ。

大丈夫、ルノーさん?って言うか、日本人は分かっちゃいないって見下してるのかな・・・



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. ぴなおさん
外観はメガーヌ2ほど尖ってないので万人に進められるとは思いますが…

フットワークやCVTに関しては、nojeeさんに同意です。
あれなら従来の4A/Tのほうが好み(爆)
特に発進が…
2. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

ヨーロッパでは、ゴルフと1・2を争ってるので、尖ったデザインをやめたみたいですね。

やっぱし、そうですよね。
3. 梅成弟子丸さん
メガーヌ2に比べたらコンサバですが、いざ外に出てみると・・・当然ながら他にこんなクルマはいない(笑)

CVTについては、ワタシは特に不満はありませんでした。ゆ〜っくり発進する貧乏燃費走法が身についてしまってるからでしょうか
4. Nojeeさん
梅成弟子丸さん、
コメントありがとうございます。

確かに、こんなクルマはいない度は下がってますが、まだまだ個性はありますね。

貧乏燃費走法だったら、僕もMTで負けませんよ(爆)

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.