過酷な石畳での攻防! Paris-Roubaix パリ〜ルーベ 2010

paris-roubaix1

パリ〜ルーベ 2010 [amazon]

いよいよ、納車が秒読みに入りました。このDVDを買ってお勉強です。

休日に丸1日チャリで走れるようになりたい!と思って、ロングライド向けのロードバイクを探していて、成り行きと言うか運命(大げさ?)で、S-Works Roubaixを買いましたが、

もしかして、コレって、すげぇバイク

って、買った後に知りました


roubaix

そもそも、自転車の名前「Roubaix(ルーベ)」は、250キロを1日で走る、しかも、途中に合計50キロを超える石畳区間が20ヶ所以上もある、めちゃ過酷なレース「パリ〜ルーベ」から取ったようです。DVDでも解説者が「3回の落車、3回のパンクが当たり前」と言うほど。

そして、今回紹介する2010年大会では、優勝したファビアン・カンチェラーラは他の選手をブッチギって優勝。250キロを6時間35分10秒、平均時速39.2キロって、すご過ぎ!4時間のDVD、レース自体の駆け引きなどの見所満載で、めちゃ楽しめました。すでに3回観ました

roubaix

で、カンチェラーラ選手が乗っていたバイクがスペシャライズドのプロトタイプ。

paris-roubaix2

そして、翌年に発売されたのが、僕が買ったS-Works Roubaix SL3 2011です。

エンデュランス(耐久)レース用だから、カラダに優しいから僕向けかな


そういえば、マングースマウンテンバイクに乗っていた頃は、ジョン・トマックダウンヒルの走りに感動し、ロード・バイクに乗り始めた頃は、なぜかロードに乗らない我が弟が持っていたツール・ド・フランス 1999-2005のDVDを観て、ランス・アームストロングの走りに感動してました。

(基本、ミーハーだってことです



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.