まとめ Special EFX feat. George Jinda & Chieli Minucci

specialefx

上の画像は、キエリ・ミヌッチ(左)とジョージ・ジンダ(右)の2人が創ったスペシャルEFX最後のアルバムBody Languageのジャケットの裏表紙です。

スペシャルEFXはいままでに18枚のアルバム(ベスト版除く)を発表しています。それらは、GRPの9枚(a〜i)、JVCでは最初の3枚(j〜l)と最後の1枚(m)、Shanachieの4枚(n〜q)、そして、最新の自主製作(r)の5つに分けられます。

ここまではWikipediaの情報で分かりましたが、インターネットラジオを聴いてて、キエリ・ミヌッチに偶然出会って、予備知識がないままYouTubeしたため、キエリ・ミヌッチ、ジョージ・ジンダ、そして、スペシャルEFXって何?って混乱してしまいました。

それは、彼らの多彩な音楽性にありました。


 AlbumYearRecord label
aSpecial EFX1983/84Keytone/GRP
bModern Manners1985GRP
cSlice of Life1986GRP
dMystique1987GRP
eDouble Feature1988GRP
fConfidential1988GRP
gJust Like Magic1990GRP
hPeace of the World1991GRP
iGlobal Village1992GRP
jPlay1993JVC
kCatwalk1994JVC
lBody Language1995JVC
mHere To Stay1996JVC
nMasterpiece1999Shanachie
oButterfly2001Shanachie
pParty2003Shanachie
qSweet Surrender2007Shanachie
rWithout You2010Chieli Music

キエリ・ミヌッチはスペシャルEFXプロジェクトとは別に、ソロアルバムをJewels(1995)、Renaissance(1996)、It's Gonna Be Good(1998)、Sweet On You(2000)、Night Grooves(2003)、Got It Goin' On(2005)、Travels(2008)、East of the Sun(2009)と出し続けています。

う〜ん、まだスッキリしません

仕方ないので、スペシャルEFXのオフィシャルサイトに載っているアルバムごとの参加ミュージシャンをテキストエディタとエクセルでゴリゴリやって、3枚以上のスペシャルEFXのアルバムに参加しているミュージシャンの一覧を作りました。

MemberPlayabcdefghijklmnopqr
Chieli Minucci guitarabcdefghijkl nopqr
George Jinda perc.abcdefghijklm     
Philip Hamilton perc.              o qr
Fernando Saunders bassa     ghi   mn    
Jeff Andrews bass bcd              
Mark Egan bass bc e             
Victor Bailey bass   d fg           
Gerald Veasley bass        ij  m     
Jerry Brooks bass         jkl nopqr
Dave Anderson bass              o qr
Dave Weckl drums  cde             
Omar Hakim drums    efgh          
Lionel Cordew drums       hij    o qr
Robbie Kondor keyb.a  de             
Szakcsi keyb.   def   jk       
Michael Bearden keyb.    efghi         
Kenny Werner keyb.     fg ij        
Steve Skinner keyb.       hijkl  o   
Jay Rowe keyb.              o qr
Mark Johnson sax          klm     
David Mann sax             n pq 
Bemshi vocal    efg   k       

なるほど!メンバーが少しずつ入れ替わっていること、そして、時代が求める音楽に呼応するように音楽表現が少しずつ変えてきたことが、分かりにくくさせていたんですね。

と言うことで、やはり僕のお気に入りは1995〜1996年に作られたこの3枚です。

あと気になるのは、ベースのMark EganとドラムのOmar Hakimが入ったアルバムDouble Feature(e)、そして、ミヌッチのギターにピッタリのベーシストFernando SaundersとJerry Brooksですかね。

(ふ〜っ、何とか、スッキリしました。)



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2020 Nojee, All rights reserved.