L.A. Fusionって?The Best of The Rippingtons

rippingtons

The Best of The Rippingtons (amazon)

Special EFXを調べていた時、よく比較されていたグループが、ザ・リッピントンズ(The Rippingtons)です。こちらはギターのラス・フリーマン(Russ Freeman)のプロジェクトだそうで、試しにベスト盤を買ってみました。1980年代はインストルメンタルよりブラックコンテンポラリーなボーカルものを聴いていたとはいえ、同時期に活躍していたサックスのケニー・Gやピアニストのデイヴィッド・ベノワは何枚もアルバムを持っているのに、なぜ、知らなかったのかな。ギターに興味がなかったのかなぁ〜。



しっとり、かつ、爽やかです。南国ムードのパーカッションが効果的。

これぞ、リッピントンズ、これぞ、L.A. フュージョン!かな。

サックスのジェフ・カシワは、日系アメリカ人で、日本語はほとんど話せないらしい。


ベスト盤の収録曲をアルバム順に並べ替えてみました。

TrackTitleYearAlbum
10She Likes To Watch1987Moonlighting
12Kilimanjaro1988Kilimanjaro
2Tourist In Paradise1989Tourist in Paradise
5Aruba!1989Tourist in Paradise
3Affair In San Miguel1990Welcome to the St. James Club
9Kenya1990Welcome to the St. James Club
4Snowbound1991Curves Ahead
8Vienna1992Weekend in Monaco
7Principles Of Desire1994Sahara
11Urban Wanderer1995Brave New World
1Garden Of Babylon1999The Best of The Rippingtons
6Sapphire Island1999The Best of The Rippingtons

僕的に気に入った曲は、やはりヒット曲の「Tourist In Paradise」と、ベスト盤のみに収録された2曲だったので、このベスト盤は買って正解でした

マイケル・フランクスとも共演したエリック・マリエンサルも在籍してたことがあるようです。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. チャッピ〜さん
待って〜!!

こんにちは。。
前回の音楽にハマり過ぎて聴き惚れていたら・・アレレ〜 もう次の音楽が・・(笑)
今回もこちらへ幾度となく通わなければ・・

サラリとした感じ、そしてサックスの音色にくすぐられています
2. Nojeeさん
チャッピ〜さん、
コメントありがとうございます。

最近、忙しくて、帰宅して音楽を聴くくらいの時間しかなくて(汗;;)

書きかけをまとめて記事にするペースを落としますね。

ぜひ、じっくり聴いてみてください♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2020 Nojee, All rights reserved.