CruX Comp Disc 2012 の、フィッティングに行ってきました。

CruX

のじチャリ2号ことSpecialized CruX Comp Disc 2012の仮組みが出来ましたって、電話をもらい、ミソノイに行ってきました。

(あっ、スペシャライズドのウェブがリニューアルされ、過去のリンクが・・・



自転車がメーカーから段ボールに梱包され、販売店へ送られてきた時は、フレームにパーツがとりあえずネジ止めされているだけです。そこで、販売店ではパーツを付け、主にディレーラー(変速機)の微調整をして、踏み込んだ感触が分かる状態まで仮組みしてくれます。

余談ですが、街中には営業してるのか、してないのか分からないような昔ながらの自転車屋さん(すでに現役を引退したおじいちゃんがやってるような)に段ボール箱が積み上げられているのを見かけるのは、量販店が販売する自転車の組み上げや修理の下請け仕事をしてるからです。と言うことで、後々の面倒を見てもらうには、専門店の方が良いですね。

さて、のじチャリ1号と700×28Cのタイヤが付いたホイールを持って、フィッティングに行って、まずは1号のボトムブラケットからサドルまでの高さを計ってもらって、2号も同じ高さに調整してもらい、またがってみました。最初から付いているハンドルは1号と同じ40センチ幅でちょうど良いですが、やはり、ステムの長さがちょいと短くて、ハンドルが近いように感じました。

stem

そこで、ハンドルを下げるために、スペーサーを減らし、さらに、スペシャライズドのステムは角度が変えられるタイプだったので、それも下げるようにしました。何となく良い感じになったので、フィッティングは終了。あとは納車されて、走りながら調整したり、部品を変えたりするつもりです。

さて、僕のポジションに合わせてディレーラーとブレーキのワイヤーを切ってもらって、再度微調整して、タイヤを700×28Cに交換してもらって、サイクルコンピュータ、ライト、ボトルケージ、ポンプなどを付けてもらって・・・

(来週の納車が待ち遠しいです♪)



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.