のじチャリ2号CruXで2回目の浜名湖1周

120617a

人生3回目の落車で、のじチャリ1号を入院させてしまいましたが、そんなことで凹んでる暇はありません。今週末はずっと雨でしたが、日曜の午後にはすっかり晴れたので、のじチャリ2号で2回目の浜名湖1周に行ってきました。

(もうすぐ53歳ですが、まだまだ、やりたいことがいっぱいです。)


120617e

と言うのも、のじチャリ1号はスペシャライズドのSサイズ。トップチューブがホリゾンタル換算で53.7cmです。ちょっと大きいかなぁ〜と思ったので・・・

120617f

のじチャリ2号はもうひとつ小さいXSサイズ、ホリゾンタル換算で51.6cmにしました。

2台のフレームサイズを変えることで、自分に最適なフレームサイズ、最適なポジションを探すことが目的です。

Geometry CruXRoubaixC-R
Seat-Tube Length, B-B Center to Topmm49047515
Top-Tube Length, Horizontalmm516537-21
B-B Dropmm7173-2
Chain-Stay Lengthmm42541213
Seat-Tube Angle°76742
Head-Tube Angle°7172-2
Fork Rakemm51492
Trailmm695910
Front-Centermm5955887
Wheelbasemm1,00998920
Stand-Over Heightmm7617565
Head-Tube Lengthmm115145-30
Stackmm541546-5
Reachmm370379-9
Handle-Bar Widthmm400420-20
Stem Lengthmm7590-15
Crank Lengthmm1701700
Seat-Post Lengthmm3003000

こういう表を自分で作って、あれやこれや考えるのも楽しいものです。

kasane

倍率や傾きなど正確ではないので、お遊びレベルですが、CruXの画像にRoubaixの画像を透過率50%で重ねて、BB(べダル・クランクの中心)を合わせてみました。


crux120613d

ちょいと脱線しますが、自宅から浜名湖1周は約62キロ。1回目の休憩は24キロ約1時間の三ヶ日にあるセブンイレブン(1枚目の写真)に決まりですが、みんなで朝練する時の2回目の休憩ポイントである41キロ地点の新居にあるサークルKはちょっと近すぎなので、ひとりで走る時は47キロ地点にある舞阪の浪小僧で休憩するようにしています。距離が3分の2のところだし、トイレもあるし、長イスもあって座れるからです。

(上の写真は、1回目の時のものです。)

120617b

買ったチャリのフレームサイズは変更できないので、次に決めたいのはサドルのポジション。これはぺダリングにも大きく影響します。今日は最初のセッティングよりサドルを5ミリ上げ、ちょっと高いなぁと思って、2ミリ下げ、結果的に最初のセッティングより3ミリ上げてみました。良い感じになりました。

これで、2・3回走ったら、次は1号のようにコーンスペーサーを変えてハンドルを下げるか、やはり1号同様にステムを長いモノに変えて、自分に合ったセッティングにしたいと思います。

120617d

1回目が平均時速22.79キロだったから、ちょっと早くなって、うれしいです

そして、前回も思った「スピードに乗る感じ」は、ケイデンス(ペダルの回転)が90、いや95以上で、スピードが時速28キロ以上になった時に、ペダルがすごく軽く感じることです。

(これって、ホイールの感性モーメント?今度、ミソノイに行ったら聞いてみよっと!)



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.