この時期はブラコン系、スムーズジャズ系のクリスマスソング集で!

Christmas

このクリスマスの時期だけに聴きたくなるCDと言うと、僕はこの2枚です。

まず、左はブラコン(ブラックコンテンポラリー)系のアレクサンダー・オニール。20代半ばだった1985年に発売された1stアルバム「Innocent」を聴いた時には、ハリのある太い声とジャム&ルイスのカッコいいサウンドにぶっ飛んで、それから「Produced by Jimmy Jam & Terry Lewis For Flyte Tyme Productions Inc.」の文字を見つけると無条件に買ってた時期がありました。このアルバムはいつもの声とサウンドに加え、オーケストラのムーディーなジャズ風やビックバンド・ジャズ風の曲もあり、とても素敵です。

そして、右は2001年に発売されたGRP(グルーシン・ローゼン・プロダクションズ)のスムーズジャズ系クリスマスソング集。超豪華なミュージシャンによる情緒豊かな素晴らしい演奏に穏やかな気持ちになれます。

  1. Have Yourself A Merry Little Christmas / Lee Ritenour
  2. I'll Be Home For Christmas / Will Downing
  3. The Christmas Song / Joyce Cooling
  4. This Christmas / Gerald Albright
  5. Silent Night / Al Jarreau
  6. What Child Is This? / Marc Antoine
  7. God Rest Ye Merry Gentlemen / Richard Elliot
  8. Jingle Bells / Diana Krall
  9. TheFirst Noel / David Benoit
  10. Here Comes Santa Claus / Jeff Golub
  11. I Saw Mommy Kissing Santa Claus / Joe Sample
  12. Suite De "Nuestra Navidad" / Dave Grusin

(クリスマスカラーのネクタイ、1本持ってるとオシャレですよね。)


小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.