2016年のヘビロテ!(1) Eugen Cicero オイゲン・キケロ

music

ご隠居生活に入った去年・一昨年でCDを買い漁り、1200枚、17000曲を越え、もうこれで余生(いやいや)を送れるとだいぶペースダウンしましたが、まだまだ探す(もう探すのやめれば?)とあるもんですね

今年に入りハマってるアーティストは、、、



1c

Eugen Cicero(オイゲン・キケロ)、amazonプライムミュージックのプレイリスト「夜のジャズ〜クラシック・カバー」を流してて、一発でドキュ〜ンとやられました。クラッシックをスイングジャズで聴かせます。


Bach's Softly Sunrise / Eugen Cicero

出だしを聞いて、ジャラリ〜、鼻から牛乳〜(YouTube)って嘉門達夫(かもん たつお)を思い浮かべるアナタ!、きっと僕と同年代ですね♪?この哀愁には笑えて涙が〜(YouTube)。いかん、本人(僕)は極めて真面目にブログを書いてるつもり(?)ですが、こういう一面もあるんですぅ。と訴えてみる。失礼しました。

さて、この曲を初めて聴いた時は衝撃的でした。キケロ25歳1965年の「デビューアルバムの曲ですから僕が幼稚園の時ですよ。もっともっと早く出会っていれば、音楽の志向が完全に変わっていたな。いや、ないな、小学校は平凡と明星、中学校はもっぱらFM愛知の洋楽ヒットチャートに、ミュージックライフや音楽専科の雑誌で音楽を知り、洋楽のポップスやロックしか聴く環境がなかったから。

いまなら、インターネットで時空を超え、子供の時から好きなジャンルをとことん聴き漁り、地の果てまで行けるから、うらやましいです

キケロはたくさんアルバムをLP、CDで出していますが、手に入るものはあまり多くなく、でもYouTubeや視聴で掘ってみて、トリオの演奏がスウィングしてて一番グッと来ました。


Swinging Bach / Eugen Cicero

亡くなった1997年(57歳)の演奏。その当時、僕は39歳です。もし、いまも生きていれば76歳、まだまだ現役で聴かせてほしかった



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. チャッピ〜さん
チャラリ〜 鼻から牛乳〜♪

こんばんは。。
え!? 同年代ですか?って??(笑)
絶対にそう聴こえるでしょう。。
あ、ショパンの中に大田胃酸♪の音楽もありましたよ(笑)
あ、あ、、運動会の音楽も・・あはは・・

聴けば聴くほどハマっていくのです〜
バッハもいいけど、ショパンもいいですよ〜
1曲聴いている中でいくつもの楽しみ方が出来る演奏って、なかなかないと思うんですけどね〜
テーマを感じながら、技法に感心しながら、自分が習っていた頃のインヴェンションや平均律を思い出しながら・・

亡くなった1997年(57歳)の演奏・・
地下鉄のケルン駅構内で催されたTV収録の中の1曲とか??
そういう場所でも演奏されていたんですね。。

今回、アマゾンにポチポチポチ〜っとしてしまいました
2. Nojeeさん
チャッピ〜さん、
コメントありがとうございます。

鼻から牛乳だから、ずっと「たらりー」だと思ってました(恥)

僕は雰囲気で聴いていましたが、チャッピ〜さんはこちら方面は特に筋金入りで、流石です。

スイングクラシック(ジャズクラシック)ではキケロが最も人気のあるアーティストのようですね。ポチポチポチとしていただくほど気に入ってくれて、僕もうれしいです。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.