ルーテシア0.9T乗りだったんだ!新車のツボ 佐野弘宗氏も。

Lutecia

好きなモータージャーナリストに「厳選!佐野弘宗の新車のツボ」の佐野弘宗氏と、「小沢コージのビューティフルカー」の小沢コージ氏がいます。共通するのはちょいとチャラけた文体(失礼します)で、でも、土台にはしっかりした知識、誠実な評価、心意気が感じられ、その文体がリズム感となって頭にスルスル入ってくるのが好きなんです。

そんな佐野弘宗氏の最新の新車のツボを読んだら、、、

ルーテシア0.9T乗りだったんですね!

そして、ググってFacebookを見たら、何と!現在所有のクルマは2台ともルーテシア(上の写真)。しかも、その前はメガーヌ2.0(きっとメガーヌ2の2.0MT?)とのこと。

ホイールはボルベット・タイプFかぁ、ふむふむ。

この2台持ち、流石! うらやましい♪


Lutecia

で、トロフィーの新車のツボで気になったところを引用させていただくと、、、

4〜5速でアクセルをベタ踏みすると、オーバーブースト機能というのが作動して、瞬間的にトルクがさらに上乗せ(最大280Nm)されるのもトロフィー専用。もっとも、この機能は「日本の公道では使っちゃいけない領域の話だから」と、日本向けのカタログや資料ではあえて明示されていない
ルノースポールにおける“トロフィー”の位置づけは、ヒマがあればサーキットに出向いて、自分のラップタイムを測って悦に入る……ような本格的な走りマニア向け商品。

ふむふむ、内容も表現も深い

そして、このツボに関連したFacebookの書き込みには「でも、同じく年間0.5万台レベルのフォードは日本撤退かよ(爆泣)」とも書かれてました(同感)。

それにしても、ルーテシア4は、RSトロフィー、RSシャシーカップと用途がより明確になった2つのRS、さらに、GT、INTENS(1.2EDC)、ZEN(1.2EDC)、ZEN(0.9MT)とバリエーションが豊富でいろんな方に乗っていただけそう(希望)で、うれしいっす



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. ubarさん
私はモリケータさんの記事が好きなんですが、なかなか記事に巡り会えません^^;

ルーテシアR.S.の記事って、だいたい良いこと書いてあるんですが、
先日読んだ本では、かな〜りダメ出しされてて、
その差に驚きました^^;
人によって全く変わるな、っと。
2. ぴなおさん
これ以上販売台数を伸ばそうとするとお店の数を増やさないとだめでしょうね。
せめて、一つのショールームに3台くらいは常時置いてあり、そんなに納期がかからずに納車されないとと思います。

売る車がない〜っていうのはどうかと思いますね。
3. Nojeeさん
ubarさん、
コメントありがとうございます。

森慶太さん、先日もブログで紹介されていましたが、静岡県出身なんですね。「営業バンが高速道路をぶっ飛ばせる理由」、「別冊モータージャーナル vol.6」、機会を作って読んでみたいと思います。

ルーテシアR.S.は僕が求めているクルマとは次元が違い過ぎて、よく記事を見かけますが、斜め読み程度です。そのダメ出しはどの辺がダメなのか読んでみたい気もします。
4. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

そうですね。店舗は1時間圏内にあって欲しいし、ルーテシア、キャプチャー、カングー、メガーヌ、そして、トゥインゴのラインナップになれば、最低でも3台の展示車、3台の試乗車は欲しいところですね。

在庫と納期、回転率に不活性在庫、卵が先か、鶏が先かみないな、、、難しいですね。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.