かなり楽しい!スターバックス フローズンドリンクメーカー

Starbucks

かき氷やアイスが恋しい季節になり、スターバックスのフローズン ドリンク メーカーを買ってみました。これ、かなり楽しいです


Starbucks

ロゴマークがグリーンの方が良いけど、店員さんに聞いたら黒だけとのこと。

Starbucks

紙カップと同じようにドリンクIDが書けるデザインがオシャレ。

Starbucks

インナーコア(左)、アウタースリーブ(右)とスプーンのセットです。


Starbucks

冷凍庫で凍らせたインナーコアをアウタースリーブにセットして、グレープジュースを。

取扱説明書には「飲み物を注いでから1〜2分待つと側面がだんだんと凍っていきます。付属のスプーンで定期的に凍った部分をそぎ落とし、かき混ぜることで、飲み物の温度が急激に下がり、徐々に凍っていきます。これを繰り返すとフローズンドリンクが完成します。」と書かれていますが、2分しても変化なし。

インナーコアを-18度以下で8〜18時間凍らせろとも書いてありますが、うちの冷蔵庫は「標準、一気冷凍、熱もの冷凍、野菜冷凍、野菜冷凍+ドライ」の設定だけで温度設定がなく、温度が低くなかったり、時間が8時間では足りなかったのかなぁ。、、、と、3分経過したあたりから側面に凍ったものができ始め、5分でこんな感じです。

Starbucks

さらに3分(最初から8分)で若干凍ってないですが、、、

Starbucks

スプーンですくってみると、おッ!

Starbucks

さらに2分(最初から10分)で出来ました!

何が楽しいかって、途中から急激に凍りだして、みるみる凍っていくプロセスが楽しいんです。これ、大人の僕が楽しいんだから、子供は絶対にハマります。えっ?僕が子供っぽいって?はい、それはあります

今回は1Lの濃縮還元100%ジュースで、容量が約228mlなので、1回30円ほど。食べてみるとジュースより甘さが控えめ。って、アイスはかなり糖分が入っているってことですね。

これからは、冷蔵庫に入ってるローズヒップ、アイスコーヒー、そして、ヨーグルトドリンクを買って来て、何でもシャーベットにしちゃおっと♪


取扱説明書です。

Starbucks
Starbucks
Starbucks
Starbucks


Starbucks

アウタースリーブの底を見ると「KOZU」と書かれています。そう、オリジナルはZokuSlush & Shake Makerで、まったく同じものです。と言うか、最初に見つけたのはZokuで、色が5色あって悩んだので、一晩考えようと思って、ネットを見ていたら、スターバックスでもあるのを知り、値段も同じだったので。スターバックスのネットショップでは色が透明、濃いピンク、淡いブルーの3色とも売り切れ、ららぽ磐田でも、残っていたのは透明が3個だけでした。

気になる方はお近くのスターバックへお早めに!


追記: 16.06.08

Starbucks

第2弾はインナーコアを8時間凍らせて、グリコ マイルドカフェオーレ。

Starbucks

12分して、凍り具合が少し弱いです。ミルクが入っているからかなぁ〜。残念ながらパピコにはなりませんでした。残り半分はインナーコアを12時間凍らせて試すつもりです。

追記: 16.06.09

Starbucks

第2弾グリコ マイルドカフェオーレ(2回目)はインナーコアを12時間凍らせてみた。さらに、あまりかき混ぜずに5分放置してみたら、厚めの凍った壁ができ、、、

Starbucks

我が家の冷蔵庫では、やはり12時間くらいかけてインナーコアの保冷液をしっかり凍らせてた方が良さそうです。ってことは、毎日食べたいので、2個あった方が良いなぁ〜



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 空いろ500さん
こんばんは、Nojeeさん

それ、なんだかめちゃ楽しそうです。
そして、いろんな飲み物で次々と試すNojeeさんの絵柄が浮かびます!
(違ってますか?)
2. Nojeeさん
空いろ500さん、
コメントありがとうございます。

だはは、確かに!

ヨーグルトドリンクを買いにセブンに行ったのに、先にマイルドカフェオーレを試したくなってしまいました(苦笑)

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.