僕のルーテシア0.9T5MTと比較しつつ、トゥインゴをガッツリ試乗!

TWINGO

代車にも使っているような走行距離が出ているクルマならいざ知らず、発売されたばかり試乗車にしたてのトゥインゴ INTENS 0.9T 6EDCをいろいろな条件が重なり、1時間以上も借り出すことができたので、同じTce90エンジンを積んだ僕のルーテシア0.9T5MTと比較しつつ、ガッツリ試乗してきました♪


TWINGO

エコ(ECO)モードでクルーズコントロールを80km/hにセットして平坦な直線を走ってみたら、燃費は31.9km/hでした。もっと良い燃費の時もあったのですが、写真がないので、、、って、これでも十分に高速定速燃費が良いことが分かりました。

それにしても、瞬間燃費の表示数値が頻繁に変わります。よく考えたら、ルーテシアの燃費はL/100km表示で、トゥインゴや日本車のようなkm/L表示なので、例えば最小単位0.1L/100kmは5.0L/100km(=20.00km/L)と5.1L/100km(19.61km/L)の差は0.39km/Lだから、燃費の変化に細かく反応するんですね。

TWINGO

ちなみに、クルーズコントロールをオフにして、アクセルから足を離すと、ルーテシアでは0.0L/100ですがトゥインゴは99.9km/Lになります。当たり前の話ですが、この状態で回生ブレーキが動作しているのかなぁ〜?(未確認)

TWINGO

走りはいつもの広域農道のアップダウン右左を攻めて試してきました。

TWINGO

ズームインすると行ったり来たりしたことが分かります。

TWINGO

アプリR&GOでの今回の走行距離、平均スピード、燃費、そして、累計走行距離です。

TWINGO

さて、50km以上走ってみた感想です。

  • シートは座面の一番奥(お尻部分)が少し極端に沈み込んだ感じで、ヘタれてきたら良い感じになりそう。左右の張り出しはルーテシアより少な目。
  • 走行距離が20km足らずで、サスペンションの感じは走り込めば良い感じになると思います。
  • エンジン音はまったく気になりませんが、リアウィンドウ辺りの遮音が薄いのか、走っている時の周りのクルマの音が気になりました。
  • ルーテシアに比べ車高も高く、ロールもちょい大きいですが、慣れて感覚が分かれば問題なくカーブを攻められます。実際、慣れて来てカーブでハンドルをスッと切って、ロールさせ、キュキュキュキュキュ〜って曲がっていくとかなり楽しいです。
  • 車重が軽い分だけ、加速感があり、燃費もかなり良さそうです。
  • パワーはホント十分、ルーテシアで言うなら1.2Tの感じで、僕なら1.0NA(SCe70)+5MTで良さげな予感です。
  • 僕としては女房の次期マイカー候補No.1です!、、、が、女房はフィアット党だから、どうなることやら
  • もし、トゥインゴもルーテシアが両方ともノーマルグレードの0.9T(Tce90)+5MTだったら、相当悩んでルーテシアかな、、、と言うくらいトゥインゴ、かなり良いですよ♪

TWINGO

最後に、僕のルーテシアとトゥインゴのスペック比較です。

 

車種ルーテシア ZEN 0.9Lトゥインゴ INTENS 0.9L
型式ABA-RH4BDBA-AHH4B
ハンドル
全長 mm 4,0953,620
全幅 mm 1,7501,650
全高 mm 1,4451,545
ホイールベース mm2,6002,490
トレッド(前後とも)mm1,5051,455
車両重量 kg1,1301,030
定員54
エンジン型式H4BH4B
エンジンタイプターボチャージャー付
直列3気筒
DOHC12バルブ
ターボチャージャー付
直列3気筒
DOHC12バルブ
総排気量 L0.8970.897
内径×行程 mm72.2x73.172.2 × 73.1
燃料供給装置電子制御式
マルチポイント
インジェクション
電子制御式
マルチポイント
インジェクション
最高出力
kW(ps)/rpm(EEC)
66(90) / 5,25066(90)/ 5,500
最大トルク
N・m(kgm)/rpm(EEC)
135(13.8) /2,500135(13.8)/ 2,500
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 L4535
駆動方式前輪駆動(FF)後輪駆動(RR)
トランスミッション5速MT6速EDC
変速比 1速3.7273.916
変速比 2速1.9562.428
変速比 3速1.2331.435
変速比 4速0.9031.021
変速比 5速0.6590.866
変速比 6速-0.702
後退3.5454.333
減速比 第一4.500(最終減速比)3.894(1、2、5、6 速)
減速比 第二-4.352(3、4 速)
懸架方式 前 マクファーソン / コイルマクファーソン/ コイル
懸架方式 後 トレーリングアーム / コイルド・デオン / コイル
ブレーキ 前 ベンチレーテッドディスクベンチレーテッドディスク
ブレーキ 後 ドラムドラム
タイヤ 前 195 / 55R16165/65R15
タイヤ 後 195 / 55R16185/60R15
ホイールサイズ 前 6.5J×165J × 15
ホイールサイズ 後 6.5J×165.5J × 15
最小回転半径 m-4.3
燃料消費率
(国土交通省審査値)
JC08モード km/L
僕の実燃費19.321.7
主要燃費向上対策-可変バルブタイミング機構、
アイドリングストップ、
充電制御、
電動パワーステアリング、
EDC
(エフィシエントデュアルクラッチ)
環境情報
エアコンディショナー冷媒
種類:HFC134a、
使用量:430 ± 35g、
GWP 値:1,430
種類:HFC134a、
使用量:475 ± 35g、
GWP 値:1,430
GWP目標値/目標年度GWP150/2023年度GWP150/2023年度

注意: スマホでご覧の方は横長にしてご覧ください。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 風の谷さん
RRの感触はどうでした?
まだまだ、乗り換える予定はないけど、ちょっと気になる(^^)v
2. Nojeeさん
風の谷さん、
いつもお世話になります。コメントありがとうございます。

RRの感触、正直よく分からないんですよ。鈍感なのかもしれませんが、FFのルーテシアと変わらず、普通にまっすぐ走るし、ワインディングロードでも多少ロールが大きいもののよく曲がるし、、、唯一思ったのはワインディングロードは走ってロール感になれて高速で右に左に切った時にリアの外側の踏ん張りが思いの外よく、ついついこれでもかぁ〜!とアクセルを踏み足してしまい、想像以上に良かったです。ただ、ひいき目かもしれませんが、もうちょいと上乗せして車体価格208万のルーテシアZEN0.9の方がいろいろ良い気がします♪
3. 風の谷さん
今の車だから、RRだと言ってもESPとか普通に介入してきて・・・・普通に走っている分にはリバース・ステアとかでないんだろうと思っていたのですが・・・・ちょっとRRに期待する部分もあったりして(^_^)
4. Nojeeさん
なるほど、風の谷さんなら昔からのフランス車ユーザーですし、僕よりいろいろ感じられると思いますので、ぜひ試乗してみてください♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.