ドイツ製 Kalle 水滴ふき取りスポンジクロスはスゴイ!

Kalle
Kalle 【超速吸水】スポンジクロス2枚入り 200mm×285mm (amazon)

先週末は2泊3日でFBMに行き、雨や霧の中を540km走って来たので、翌日(昨日)はご苦労様なルーテシアをシャンプー洗車しました。先日、水滴ふき取り合成セーム革ユニセームを紹介したら、黄色眼鏡さんがコメントくれて、上記の写真を見て、むむむ、これはもしかして、、、と、ポチっとしたKalleのスポンジクロスが届いていたので、早速使ってみました。

やはり期待通り、Kalleのスポンジクロスはスゴイ!


Kalle

僕が持っている水滴ふき取り専用クロスを水を入れたバケツの中に並べてみました。

上から、、、

  1. Kalle スポンジクロス(2枚入りの黄色) 今回初めて使用
  2. Kalle スポンジクロス(2枚入りの青色) 今回初めて使用
  3. ユニセーム 2ヶ月使用
  4. プラスセーヌ 20年以上使用
  5. ユニセーム 2回使用
  6. シュアラスター 水滴拭き取りクロス 1年半使用 プラスセーヌのOEMと思われる

そもそも、皆さんは水滴拭き取りクロスにどんな性能を求めますか?

まずはボディに優しいことで、マイクロファイバークロスを含め絶対条件ですね。そして、1回でたくさんの水を拭き取り、かつ、拭き残し、拭き戻しが少ないことが選択基準になると思います。

僕は最初の写真を見て、むむむ、この厚みはもしかしたら相当性能が良いかもと思いました。実際に水を吸わせてみると他のクロスに比べて厚みがある分だけ吸水量が多く、繊維の毛細管現象なのか吸い込んだ水が断面に浮き出ているほどです。

Kalle

水分を雑巾のようにギュ〜と絞ると、他の商品と変わらない厚みに戻ります。質感と柔らかさは共にプラスセーヌとユニセームの中間で、少し紙っぽい繊維感がありつつ、柔らかです。僕の買ったモノのサイズは200mm×285mmで、二つ折りにすると手のひらより少し大きく(置き方を間違えてました。陳謝)、雑巾のように手のひらを上に乗せてふき取る僕の使い方ではジャストサイズです。

Kalle

裏表がダイヤ柄と縞模様で、僕が買ったものは黄色と青色の2枚入りなので、黄色の方が汚れが目立ちそうなのであえてボディー用、青はウィンドウ用に使うことにしました。

Kalle

さて、二つ折りにして、ルーフを後ろから前へ雑巾のように手のひらを軽く乗せて滑らせ、毎回絞って、ルーフの半面だけ拭き取りました。

おっ、おぉ〜

1回滑らせただけで、完全拭き取り、拭き戻しがありません。ス、スゴイ!

補足: 前の建物と雲が写り込んだところに、拭き戻しではなく拭き忘れがあります

Kalle

冬場の日かげなので、ボディの面ごとのシャワー+水滴ふき取りをしていないので、SONAXブリリアントシャインディデイラーの撥水力と日かげでの若干乾燥があり、水滴が少な目ですが、広げたまま端を持って滑らせてみましたが、良い感じの拭き取りです♪

Kalle

滑らせた後に裏返ししてみました。表面の茶色い粒は「天然コットン由来のコットンシード(コットンの種)で、製品の品質には特に問題ない」とのことです。

広げたまま両端を持って引っ張る使い方なら、黄色眼鏡さんが使っている大きいサイズのD-PROスポンジクロス(たぶんKalleのOEM)が良いと思います。

僕は今回買ったモノをもう1セット購入して、2枚重ね二つ折りで使ってみます♪


追記:

Pitwork

ぴなおさんからコメントいただき調べてみたら、日産5イヤーズコートのメンテナンスキットに採用されているスポンジクロスもKalleのOEMのようです。

黄色眼鏡さん、ぴなおさん、僕のスポンジクロスのサイズが違うのは、日本での輸入総代理店が取り扱うスポンジクロスにはカット品とロール品があるからです。

それにしても、洗車部の先輩である黄色眼鏡さんとぴなおさん、そして、僕を含め3人が情報交換したわけでもなく、入手経路も違うのに、 同じKalle製の水滴ふき取りスポンジクロスにたどり着いたって面白いですね♪


2ndインプレッションは、、、



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. ぴなおさん
写真見てビックリ!
日産の現5yearsCoatのメンテナンスキットに付属の拭き取りクロスと同じ模様です。
Nojeeさんの使用感から察するにおそらく同じもののサイズ違いです。
320mm x 235mmサイズの青色です。

先日もお話しましたが、クロスでは僕のイチオシです。
普通に売っているのならディーラーで買わなくてもいいですね。
2. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

僕もビックリです。ネットで検索して、実物の写真を見たら、同じもののようです。

それにしても、洗車部の先輩であるぴなおさんも、黄色眼鏡さんも、僕を含め、情報交換したわけでもなく、入手経路は違うのに、 同じKalle製の水滴ふき取りスポンジクロスにたどり着いたって面白いですね♪
3. 黄色眼鏡さん
アクアウイングでもスピードクロスとして販売されていますが(サイズは微妙に違いますが)、Amazonで買った方が安いですね。

水分拭き取りの際にゴシゴシと擦る必要がないので、洗車キズの発生を最小限に抑えています。
http://www.aquawing.net/product/106
4. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

いろいろな会社がOEMで販売してるんですね。スピードクロスはカット品のLサイズです。

リンクしてくれたページの動画を観ました。ふと思ったのは、シャンプーをシャワーで落とす時は水圧だけでやっていますが、シャンプーを完全に流すためには、スポンジとかクロスとか使った方が良いのかなぁ〜

それにしても、黄色眼鏡さん、カラダにインターネットに光ケーブルが直付けだったりしませんか♪?
5. 黄色眼鏡さん
シャンプーのすすぎはきっちりとした方が良いとは言われます。すすぎ残しは百害あって一利無し。クルマだけではなく人間の頭皮も。

あまり時間がないときはシャンプーを使わず、マイクロファイバークロスで流水洗車を行います。コーディングしている車両かつ頑固な汚れでなければ水だけで落ちるものです。
シャンプーを使わない代わりに流水で傷がつくのを抑えます。
6. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

ふむふむ、なるほど。

シャワーの力でシャンプーを流した後に、昔使っていたコーティング剤に付属したマイクロファイバークロスでシャワーしながら洗うようにしようかな♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.