O・Z JAPAN オーゼットジャパン本社へ行ってきました♪

OZ

来年3月にアバルト124スパイダーが納車される高校の同級生(部活も一緒♪)からオーゼットジャパンの本社が浜松にあることを知り、日本のカタログにないモデルやサイズをイタリアから取ってもらえるか教えてもらいに行ってきました。

どこへでも突撃あるのみです


WedsSport

その前にルノー浜松がある浜松日産でノートe-POWERを試乗して帰ろうと思ったら、あれっ、店長のルーテシアRS、また(!)いじってあるじゃぁありませんか!キャロルのフロントスポイラーと、サイドのモール(RSはシルバー)をガンメタに塗装してあるし、、、

WedsSport

リコールで取り付けたリヤフェンダーのモールまでガンメタに塗装してあります。やるな!

af imp
af imp (オートファッションインプ) 2017年01 月号 (amazon)

アバルト124スパイダーには同じイタリアのオーゼットが似合いますね〜

OZ

16時半くらいにオーゼットに着くと、1階店舗(正確にはショールーム)の電気は消えていましたが、2階は点いていたので、玄関まで行ってみると自動ドアが開き、内線電話に書かれた番号に内線して、「教えていただきたいことがあるのですが」と伝えると、「すぐ行きますね」と快く降りて来てくれて、とっても親切に対応していただきました。

OZ

いろいろ相談に乗ってもらった内容を要約すると、日本のカタログに載っていないモデルもサイズも取り寄せられ、しかも、価格はカタログモデルと同じだそうです。が、しかし、欲しかったウルトラレッジェーラには本国イタリアでも16x6.5Jはないそうです。残念

OZ

あれっ、ウルトラレッジェーラがないなぁ〜と思ったら、こんなところに♪

タイヤ専門店ではブラント品ホイールはフジ・コーポレーションが一番力を入れていて安いとのこと。また、海外では日本ほどホイールの出っ張りには厳しくないので、幅が広くてカッコいいホイールに換えることが多いそうです。

WedsSport

さて、またまたルノー浜松店長のルーテシアRSです。ホイールはWedsSport(ウェッズスポーツ)のSA-15Rをホワイトで塗装してもらったもの。フィンタイプですが、良く見ると15本のスポークが均等ではなく、5穴は3本×5組になっていて、うん、カッコいいです。

WedsSport

帰宅してネットで見たら、4穴(僕のルーテシア)は3本×4組=12本になり、GBC(Gun-Metallic Black Clear)のツートンも渋めでカッコいいです。しかも、16x6.5Jがあって4穴でP.C.D.100です。残念ながら、オフセットは希望の42〜44はなく、38か48です。

もしかしたら、加工(削って?)してくれるかも♪とメールで問合せたところ、「大変恐縮ですが、1ピースホイールのインセットを変更することは出来ません。38のインセットの商品を6mm程削りますと、44のインセットになりますが、ナットホールまで削れてしまいますので、取付けが出来なくなります他、恐らく強度不足で損壊いたします。何卒ご了承くださいませ。」と迅速に回答をいただきました。素人考えでした


そもそも、「ホイール、タイヤのサイズは標準のままで、なるべく軽量なホイール、価格はそこそこ(定価で数万円まで)、できればカッコいい」って条件で、走行性能や乗り味がどう変わるか試してみたいと言うホイール探しが間違っているのでしょうか?

実は、たくさんホイールを換えてみて、サーキット走行もしているワッキーさん(その夜も以前は2速で登れなかった勾配8.5〜9%の坂道を3速でグングン登って、アーシングbyワッキーさんは最高!)に相談に乗ってもらっていますが、その条件ならオフセットは42〜44ですかねと言われています。今回はWedsSport SA-15Rのオフセット38は上級グレードのインテンスが17x7Jだからダメですかねぇ〜と相談したら、「ダメじゃないけど、そもそもの条件からハズレて、カーブでかなりロールしますよ」と言われました。頭が混乱して迷走して同じようなことを何度も聞いて申し訳ないです。

16x6.5Jだけでなく、16x7Jも条件に入れないとダメなんですかねぇ?困った。疲れた。


追記:

miwa

左の青がコメントいただいたミワさんのUltraleggeraしているメガーヌ2、右の青が僕のメガーヌ2プレミアム。懐かしい〜。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. ぶるうのおとさん
WORKのホイールはいかがですか?

EMOTION CR kiwamiには色々サイズありますし、セミオーダーも出来たと思います。
2. sadaさん
BBSの、RP006というモデルが、16x6.5インチ、インセット42と、ちょうどお求めのサイズで、重量も5.9圓鳩變未任垢茵
仏車に独ホイールも、EU連合で面白いのでは?
デザインは典型的なBBSです。もっとも、日本製ですがね。
3. sadaさん
追伸です
独ホイールと書きましたが、独のBBSは、2010年に経営破たんし、製造していたワシマイヤーの親会社が製造販売権を買収。
その後、この親会社も経営破たん。
そして2013年に、ワシマイヤーは社名変更してBBSジャパンとなったそうです。
だから、BBSは日本ブランドなんですね!
4. Nojeeさん
ぶるうのおとさん、
コメントありがとうございます。

早速、チェックしてみます。メガニストオールスターズには感謝感謝です♪
5. Nojeeさん
sadaさん、
コメントありがとうございます。

BBSは以前から北陸の会社で作られていることは知っていましたが、いまはそんな状況なんですね。

正直見た目でOZが良いなぁと思っていたので、第1優先はサイズ、第2優先は値段、やっと第3優先でデザインと割り切っていました。

ぶるうのおとさんご紹介のホイールと一緒にチェックしてみます♪

このところ、上がったり下がったりしながら、引きこもり状態だったので、またホイール探しを再開する元気が出ました!
6. ぴなおさん
僕個人はデザインが一番です!
いくら軽くても自分が格好いいと思わなければ楽しくないので。
でも、機能一番っていう考え方もわかります。

OZの日本本社は浜松にあるんですね。
今度行ってみよっと!
ちなみに土日はお休みですよねぇ。

僕も結局OZが好きみたいです。
メガーヌもOZに変えていました。
ルーテシアは純正が気に入っているので変えていませんが、
譲り受けたメガーヌもOZで気に入っています。

存分に悩んでください!
7. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

普通はデザイン優先ですよねぇ。僕の場合は、デザインなら標準のツートンを気に入っていて、軽量ホイールに興味があるし、ちょうど良いサイズもなく、デザインは二の次にあきらめています。

OZ本社の1階はショールームでも店舗でもなく、僕が載せた写真がほぼすべてです。公式サイトには休日は書かれていませんが何とも言えませんが、事務所であれば土日休みですかねぇ。フジ・コーポレーションのような高級志向のホイール専門店にないホイールの実物を見たいのなら、先に電話してから行かれる方が良いかと思います。

OZ、カッコいいですよね〜、、、ガクッ orz
8. ミワさん
メガーヌのときに使っていたOZウルトラレッジェーラF1がずっと倉庫に眠っているので、使えるのならルーテシアにと考えていました。16インチでたぶん7Jでオフセットは不明。当時限定色だったマットブラックです。これにスタッドレスタイヤ履かせたらもったいないかな〜笑
9. Nojeeさん
ミワさん、
コメントありがとうございます。

やはり、ウルトラレッジェーラでしたか!

実は過去の記事を別件で見返していて、ちょうど見つけました(写真を記事に追記しておきました)。うん、やはり良いですね。倉庫に眠らせておく方がもったいないような気がします。オフセットが不明なのが気になるところですが、16x7Jのウルトラレッジェーラに標準タイヤ(195/55R16)をはめて、標準ホイールにスタッドレスをはめる手もありますよね♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.