ホイール、消去法でENKEI PF01に、ほぼ決めました!

wheel

先月末から1ヶ月、やっとホイールの絞り込みができたので、今週はホイール専門店を中心に複数店舗を回って見積もりをしてもらいしました。

そうそう、選んだBBS、WORK、ENKEIのうち、WORKはハブ径(センターボア)が60.0で、僕のルーテシアのハブ径60.1より微妙に小さくて、ハマらない場合があるとのことで落選しました。4穴60mmはトヨタ・日産のサイズなんですね。また、コメントでmashiterさんに教えてもらったPIAAの鍛造F102が行けそうなので、追加しました。

見積りはホイール単体(ハブリングなどの必要パーツと標準ホイールからタイヤを外して付ける工賃を含む)、タイヤ単体はミシュラン ENERGY SAVER+ 195/55R16(工賃+処分費含む)、ホイール+タイヤのセット価格の3種類を見積もっていただきました。なお、申し訳ありませんが、店舗名・見積額は公表せず、選んだ店舗名のみを公表します。

意外に見積額がちがって、ビックリ



wheel

実際に店舗を回ると実物が見れて、印象が変わります。でも、ある程度は知識武装していかないと、突っ込んだ話が聞けないので、このタイミングで良かったと思います。

いままで触れなかった好みのデザインは、掃除がしやすいスポークタイプ、しかも、スポーク本数は4穴に合わせて4の倍数(4、8、12)、できればツートン、カラーはブラック、できればツヤなし(マッド)ではなくツヤありがベストでした。ってことで、デザインではRAYSのCE28 ClubRacer 8本スポーク(これはCE28 KCR 16inch)か、WedsSportのSA-15R 12本スポークが良かったなぁ〜。ないものねだりですが

wheel

WedsSportは細部のデザインがカッコイイ(これはSA-15R 16inch 14本スポーク)


wheel

さて、候補だったBBSのRG-F 16inch(カラーはDiamondBlack)です。スポークと言うよりメッシュかな。正直、見た瞬間に小径だとめちゃカッコ悪い。即却下でした。

wheel

裏から見ると、、、ハブリングって一番裏に付けるんですよねぇ。ってことはハブ径より大きく、各メーカーが用意した専用のハブリングを付けるってこと?


PIAA

PIAA > PREMIUM FORGED F102 Silver

世界高域 8,000tプレス 鍛造ホイール!強度、軽量化、真円性、など最高次元でバランスさせたプレミアムホイール。
8,000tプレスで成型されたディスクは高精度マシニング加工機により、1本1本丹念に削り出し加工を施される。
・スポーツホイールを連想させる5本ツインスポークを採用。
・高次元で軽さと強度を目指した力学的バランス、応力分散性に優れたデザイン。
・細いスポークにすることにより、抜群の放熱性、ブレーキ冷却効果を実現。

16x6.5J 42 4-100 φ73 税抜44,000円(税込47,520円) 5.6kg

シンプルなスポークでカッコいいです。が、しかし、他と比べて値引き率がめちゃ低い。受注生産のためでしょうか。残念ながら却下です。

ってことは、ENKEIしかないじゃん!なんですが、ここでひとあがき。

PIAAは、TWSブランドで販売されているTan-ei-syaのOEMだと思われます。その根拠は受注生産だし、8000tプレスを特徴にしていて、Tan-ei-syaの製造技術ページを見ると8000tプレスが「どうだぁ!」と言わんばかりの大きな写真が載っているからです。

wheel

じゃ、TWSはと言うと、このMotorsport T66-F(写真は16inch)が良い感じ。16x6.5Jはインセット45、ハブ径54.1で残念、、、が、しかし、一番最初の写真に載せたカタログを見ると、特約店限定でカスタムオーダーでインセット-7〜41、ハブ径54-75ができ、3,000円アップだけ、しかも、浜松市に特約店があります。鍛造で16x6.5Jだと4.79kgと超軽量でオーダーでも税抜6万円、う〜ん、オーダーだから値引きはなしかなぁ。とにかく、明日行ってみよう。と、翌朝、カタログをじっくり読んでいると、ほぉ〜、標準はゴムバルブ(ショートタイプ)とこだわってるなぁ(ワッキーさんも♪)とニンマリしたのも、つかの間、、、

ガーン、ダメだ

製造ロット: 1サイズ5台分(20本)以上 ※F/R各サイズ10本は可。

wheel

残すはENKEIのPF01のみ。ダメだったら、根本からやり直しかぁ、、、

こちら、WORKのEMOTION CR Kiwamiです。18inchだと言うこともありますが、基本デザインがシャープで良いですよね。合うサイズがないけど、、、

wheel

こちら、ENKEIのPF01です。ともに18inchで比べてみると、写真の角度も色も違いますが、PF01もスポークが細くて良い感じです。ロングアダプターは必要そうですね。

wheel

で、17inch。

wheel

そして、僕が探していたMatte Blackな16inchの実物とご対面〜♪

見た瞬間、実物は悪くない。良いじゃん十分じゃん気に入りました

  • ENKEI > PerformanceLine PF01 Matte Black

    SPORTS WHEELの新たなる地平へ・・・

    優れた強度解析及び設計技術と、ENKEIの最新鋭製造技術「MATプロセス」採用により、ENKEIらしいスポーティーなルックスと自社ブランド内でも最軽量クラスのウェイトを実現。
    さらに、スポークサイドのパワー リブによる強度確保や加減速時のタイヤ空回りを抑制するローレット加工の採用等でアルミホイール本来の基本性能も確保したパフォーマンスモデル。

  • 16x6.5J 42 4-100 φ75 税抜30,000円(税込32,400円) 5.7mm 6.1kg〜
  • ENKEI web magazine > 2010/05 ENKEI PerformanceLine PF01

と言うことで、消去法でENKEI PF01が残りましたが、鍛造ホイールに比べ、見積りの値引率もそこそこ差があり、タイヤとのセット売価でもBBS RG-Fの半分です。で、PF01の重量はエンケイからの回答ではカタログ掲載の6.1kgはインセット+53のもので、+42は未計測とのこと。仮に0.3kg増の6.4kgとすると、5.4kgのRG-Fに対して1.0kg増です。ばね下重量であるホイールの軽量化はボディの軽量化の4倍、10倍、15倍ともいわれる効果があるらしいのですが、それ以外の効果も含め乗ってみないと正直分からないです。バックリな思いは10kg以下のロードバイク(チャリ)+僕の体重+僕の1人力に対して1輪0.1kg減x2輪と、1,130kgのルーテシアZEN0.9L+僕の体重+90馬力に対して1輪1kg減×4輪の効果を考えると、PF01はコストパフォーマンスが高い(ここ重要!)のは明白ですし、走るのもサーキットではなくワイディングロードで、クルマ自体の価格や性能を含めたトータルバランスとしてもPF01で十分です。

また、複数店舗で軽くて性能のトータルバランスが良いタイヤを聞いたら、いまのミシュラン ENERGY SAVERが1番で、他にはトーヨーのもともと海外向けだったプロクセスT1Rが良いそうですよ。(訂正: 黄色眼鏡さんのコメントによれば、TOYO PROXESシリーズではT1Rはプレミアムスポーツタイヤで、CF2が低燃費タイヤだそうです。確かに、タイヤパターンがそれっぽいです、陳謝。)

で、購入は一番安くて対応も迅速かつ丁寧だったフジ・コーポレーションの予定です。

さて、決めたらすぐにやりたい気持ちで、いまのタイヤの減り具合では付け替えるつもりでしたが、付け替えはビートが伸びたり切れたりで良いことはないそうなので、来春くらい(そんな先!って言わないで)になりそうです。

最後に、アドバイスいただいた皆さん(特にワッキーさん)、ありがとうございました



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 黄色眼鏡さん
おめでとうございます...と言っていいんですよね?(笑)

特注サイズのオーダーは他のメーカーでもやっているところはありますが、同じように最小ロットの設定があって、一個人ではどうにもなりません。ショップでも希望者を募って数量がまとまってから発注をするところも少なくないようです。

TOYO PROXES T1Rはプレミアムスポーツタイヤなので、燃費を気にするなら辞めておいた方が良いと思います。同じTOYOならPROXES CF2が輸入車向け低燃費タイヤです。
http://toyotires.jp/catalog/pxcf2.html

そうそう、私もホイールを注文しましたよ。最後までENKEI PerfomanceLine PF02(18x8.0J +50が適合サイズと思ってメーカーに問い合わせたら18x8.5J +48と返答がきて??となりました)と悩みましたが、今回は冒険するのは辞めておきました。
2. kyotaさん
決まりましたか!装着した姿が楽しみですね^_^
エンケイは確か磐田に工場があった記憶がありますが、今も変わってないのかな?
3. ぴなおさん
決まってよかったですね。
付け替えなんて結構しますし、周りではそういう人結構多いですが
ビード切れや伸びなんて聞いたことないですね。
まあ、タイヤのプロが言うんならそう言う事例がないわけではないとは思いますが…
ちょっと先ですが、楽しみですね (^o^)
4. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

アドバイスいただいたホイール候補にエンケイが入っていなければ、たどり着かなかったかもしれません。改めて、ありがとうございます。

TOYO PROXESシリーズのT1RとCF2の件、追記しておきますね。

ウェッズスポーツベースのキャロルのホイール、良いなぁ〜。羨ましいです。
5. Nojeeさん
kyotaさん、
コメントありがとうございます。

エンケイは創業時の社名は遠州軽金属ですから、静岡県西部の会社ですね。公式サイトを見たら、kyotaさんがおっしゃるのは上岡田(磐田市の町名)にある遠菱アルミホイールのことだと思います。最大の国内拠点は下野部(昔の豊岡村?)にあるンケイホイールコーポレーションでしょうか。生まれ故郷だから分かりますよね。

来春のフレンチフレンチ幕張には装着しますので、お休みを合わせられると良いですね。
6. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

初のホイール交換、グイグイ背中を押してくれて、ありがとうございます(爆)。週明けにルノー浜松でタイヤの減り具合を見てもらって、付け替えか新品か思案したいと思っています。さて、フィーリングがどのくらい変わるか楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.