ルノーもマツダもDURABIOを採用!

DURABIO

半年以上前の記事ですが、ずっと気になっていました。

  • レスポンス > 160805 三菱化学のバイオ樹脂、ルノーが採用
    三菱化学が開発したDURABIOは、再生可能な植物由来原料であるイソソルバイドを使用したバイオエンプラ。耐衝撃性・耐熱性・耐候性などで従来の一般的なエンプラに勝る、性能を持つ。また、発色性が良く、顔料を配合するだけで、つややかな光沢のある表面を作ることができる上に、表面が硬くて丈夫なため、擦り傷が付きにくいという特長もあり、塗装工程が不要になる。
  • 三菱化学 > 新規バイオエンプラ「DURABIO」

クルマのパーツには最高ですよね。


DURABIO

でも、分からないのは「バイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO」(デュラビオ)が、ルノーが6月に欧州で発売した新型『クリオ』(日本名『ルーテシア』)の、メーターカバーに採用された」って、いつ(何年)の6月?

現行クリオ4(ルーテシア4)が本国で発表されたのは2012年7月だし、日本では2013年7月だし、翌年2014年12月に日本で発売された僕のルーテシア4/ZEN/0.9T/5MTのメーターカバーはDURABIOじゃないの?

どこに、どんな形で、どんな色で使われてるのかなぁ?

DURABIO

いまさら話題にしたのは、この記事を読んだからです。

樹脂部品の一部を塗装していますよね。

DURABIO

ホイールとタイヤを交換しようと思案してた時に見たCX-3です。ん?

DURABIO

塗装がはげてるのが目立ちます。これはいやだなぁ〜

DURABIO

僕のルーテシアのフロントバンパーは別部品っぽいから、はげなさそう。

DURABIO

ボディの色がグレーなので分かりにくいですが、やはり別部品です。このブリリアントブラックのパーツはDURABIOなんですかねぇ〜。

分からん、、、でも、気になる。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.