硬化したイオンデポジットをキレイにしたい!(2)

IonDeposit
リピカ Ripica イオンデポジットクリーナー (amazon)

パンダの硬化したイオンデポジットを除去するため、第2弾も酸性ケミカルです。


IonDeposit

使用方法の通りに施工してみました。

  1. 本液を使用する前に目立たないところに塗布し適応性を確認してください。
  2. ボディに付着している砂ぼこりや汚れを洗い流してください。
  3. スポンジやクロスに適量取り、塗布し、30秒後に、擦ってください。
  4. 除去できましたら、最後にしっかり水で洗い流してください。
  5. 乾いたクロスでしっかり水分を拭き取って下さい。

結果はまったく取れませんでした。

勘違いしないでいただきたいのは、第1弾のDETAILING LIQUID編でも書きましたが、使用方法から効果(=ダメージ)が弱そうで、これで落とせればラッキー♪って選んだのは僕で、硬化したイオンデポジットには効果はありませんでしたが、逆に言えば、ボディーへのダメージは少ないことは証明され、硬化する前のイオンデポジットには効果がある可能性はあるので、いずれノートやルーテシアで試したみたいと思います。


compound
SOFT99 液体コンパウンドトライアルセット (amazon)

と言うことで、第3弾はコンパウンドによる研磨です。

IonDeposit

まったくダメです。

超鏡面用 9800 平均粒子サイズ 1マイクロメートル以下

  • 塗装面の超鏡面仕上げ。
  • 黒や濃色、メタリック、マイカ塗装の最終仕上げ

IonDeposit

まったくダメです。

仕上げ用 7500 平均粒子サイズ 1マイクロメートル

  • キズ消し用を使用した後の磨き跡を消す。
  • 補修塗装の仕上げ、つや出し。

IonDeposit

手がけでも少し消えました。でも、磨きキズが出来ました。

キズ消し用 3000 平均粒子サイズ 3マイクロメートル

  • 補修塗装の磨き傷を消す。
  • 塗装面のザラツキや洗車キズを消す。

IonDeposit

と言うことで、用意したのは、、、

なぜ、テストはソフト99で、本番はホルツもあるのかと言うと、ソフト99とホルツの液体コンパウンドを粒子サイズが大きい順に並べてみると、、、

  • ホルツ リキッドコンパウンド 細目 粒子サイズ 7ミクロン
  • ソフト99 キズ消し用 3000 平均粒子サイズ 3マイクロメートル
  • ソフト99 仕上げ用 7500 平均粒子サイズ 1マイクロメートル
  • ホルツ リキッドコンパウンド 極細 粒子サイズ1ミクロン
  • ソフト99 超鏡面用 9800 平均粒子サイズ 1マイクロメートル以下
  • ホルツ スーパーファインコンパウンド 超細目 粒子サイズ0.2ミクロン

で、

  • ソフト99のキズ消し用3000(3マイクロメートル)を手掛けして硬化したイオンデポジットが少し取れたのだから、ポリッシャーでやればもっと取れると思われるので、それより粒子が大きいホルツの細目(7ミクロン)は使う必要がないか、、、
  • なぜか、ソフト99の仕上げ用7500(1マイクロメートル)は単独の販売がない。もしかしたら、超鏡面用9800(1マイクロメートル以下)とあまり差がないからか、、、
  • ホルツの超細目(0.2ミクロン)は粒子が非常に細かいので、値段は高いですが、磨きキズが消えるのではないか、、、

なお、ソフト99の「マイクロメートル」と、ホルツの「ミクロン」は同じ大きさのようです。

ん? 今気づきましたが、コンパウンドは3段階なので、ワックス掛け用バフが3枚必要だと思って、バスセットを単品で買いましたが、ホルツの超細目コンパウンド(0.2ミクロン)は仕上げ用バフでやった方が良いかも、単品で買ったバフセットは不要だったかも、、、どうなのかなぁ


IonDeposit

さて、ソフト99キズ消し用3000で、電動ポリッシャーを試してみました。良い感じ♪

って、色が変わってるじゃないか!と思われる方もいると思いますが、時間がなかったので、まだここまでです

しっかり時間がある時に、ルーフ全体をきっちり3段階でやります!


IonDeposit

さてさて、洗車部に新入部員が来ました♪

よし、これで6MTの308に乗れるかも♪と期待したのですが、これ、ご主人のクルマ。そう、新入部員は女性で、何とダンナさんは僕と同年同月生まれ!しかも、大学時代は自動車部、なるほどぉ〜、だから、ご夫婦で知床までトレッキングに行った時もダンナさんの運転で行っちゃうんだ。で、とある国産自動車メーカーで設計をやっているらしく、普段の通勤は自社の、、、なるほど。ダンナさんを紹介してもらおうと思ったら、仕事がメチャ忙しく、しかも、お酒は飲まれないそうで、、、残念

で、お約束は僕のルーテシアの洗車を見学させてほしいってことでしたが、その日は朝から洗車日和で、とっとと洗車を済ませ、濡れても良い格好に長靴も持参で午後にいらっしゃった時には「実は午前中にルーテシアは洗車しちゃったので、お金はいらないので308を一緒に洗車してみましょう!」って具合で。まずは、シャンプー洗車して、「まだ、時間ありますか?」、「ええ」、「じゃあ、ボンネットだけ、下地処理(ネンドクリーナー+スピリットクリーナー)とコーティング(SONAXブリリアントシャインディテーラー)しましょう!」って。もちろん、各工程でタバコの包装フィルムを使い、ボディの滑り具合を感じてもらいました。

これで自分でちゃんと洗車できます♪って喜んでいただきました



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 空いろ500さん
Nojeeさん、おはようございます!

電動ポリッシャー、興味有り有りです。

これからも、入部希望者が増えると
いいですね。
2. Nojeeさん
空いろ500さん、
コメントありがとうございます。

リョービのプロ向け電動ポリッシャーと比べると価格は10分の1以下なので、おもちゃのようなものなので、うまくできるか不安はありますが、パンダくんに実験台になってもらうことにしました。もちろん、キレイに仕上げる努力はしますが、はてさて、どうなることやら、、、

新入部員があまり増えても困りますが、ソリッドの白やメタリックの黒のクルマを下地・洗車・コーティングしてみたい気持ちはあります。だれか、やらせてくれないですかねぇ、、、

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.