家族を守りたいなら、後部座席でもシートベルトをさせよう!

SeatBelt

シートベルトの着用は2008年から後部座席にも義務付けられているけど、やっぱりピーピー鳴って、パカパカ点滅しないとシートベルトをしないのが実情ですよね。

でも、ちゃんと考えてほしいです。自家用車に同乗するのは家族だったり知り合いですよね。もし、自分の運転で死んでしまったら悲しすぎます。


SeatBelt

ルーテシアは助手席に重量センサーが付いてるのでしょうか、重たい荷物を載せてもピーピー、パカパカするので、荷物にも仕方なくシートベルトをします。

後部座席でシートベルトをしないから席別致死率がトップなんですね。

  • 僕が大学生だった時、高校の同級生たちが帰省中に交通事故を起こし、知らせを聞いて病院までぶっ飛んで行きました。運転していた東京六大学に通っていた同級生は即死、助手席に乗っていた彼女とその後部座席に乗っていた同級生はかすり傷、運転席側の後部座席に乗っていたバンド仲間は顎(あご)を縫いました。そして、後部座席の中央に乗っていて前席まで飛び出した東京都下にある国立大学に通っていたバンド仲間でもある同級生は大学を中退し、いまでも障害者です。
  • シトロエンに乗っていた頃、急ブレーキを踏んだら、シートベルトをせずに助手席に乗っていた小学校低学年の息子(明日から大学5回生)がカラダが軽いので飛び出して、フロントガラスにヘッドバット(頭突き)して、合わせガラスの内側だけヒビが入ったことがあります。その時は笑い話で済みましたが、それ以降は子供たちは高校生になるくらいまでは後部座席専門でした。

ピーピー、パカパカならなくても、シートベルトは着用させましょう。

SeatBelt

欧米に比べ日本は装着率が低すぎ!

本音と建て前が違う日本です。制限時速を守って走っているクルマはほぼ皆無、信号が赤になっても突っ込んでくるドライバーは交差する信号が青になるのに一呼吸あるから。制限速度も今のクルマの性能や実態に合わせ、欧米のように、交差する信号が一緒に赤と青が入れ替わるようにしたり、少しでも速度オーバーしたり、赤信号で突っ込んで来たら、即検挙するようにしたら良いのに。

最近、すごく気になるのは交差点を直角に近くハンドルを切らず、曲がる側の後方を目視して曲がらないクルマです。交差点での事故が一番多いの知ってるのかなぁ。こんなことが、、、右折レーンで信号待ちしていたら、左から来て、右折したいクルマが、そのクルマの後方から来て横断歩道を渡っている自転車と横断歩道上であわや衝突しそうになりました。しかも、僕の正面より左側です。つまり、ハンドルをゆるくしか切っていないし、右後方も目視していないからです。もし、衝突して事故になって、自転車の学生が死んだら、学生の親はどれだけ悲しむでしょうか?クルマの運転者だって人生めちゃくちゃです。

家族、知り合い、自分の人生を守るのは、運転しているあなたの責任ですよ!



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 空いろ500さん
こんばんはNojeeさん

そうですね
家族、友達、知り合い
一番辛いのは、交通事故を起こした時に自分の運転で、自分だけが助かってしまう事。
シートベルトをしないのは、運転手に迷惑を掛けてしまうと思いたいですね。
2. Nojeeさん
空いろ500さん、
コメントありがとうございます。

3/29の「後部座席は安全」は間違い、席別致死率トップと言う記事を読んで気になっていたのですが、本日3/31のシートベルト警告灯、全席義務化 20年秋の新型車からの記事を読んで、記事にしてみました。

家族、特に自分より若い家族に自分の責任で先に死なれてしまうことほど辛くて悲しいことはありませんし、知り合いの家族にも同様の気持ちを味合わせるのは勘弁してほしいです。

お互い運転には気を付けましょうね♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.