ホイール専用グローブ 鬼人手!かなりイケてるかも♪

Prostaff

シュアラスターのウォッシンググローブを使ってみてから、グローブもの洗車グッズが気になる僕です。左より、、、

なお、このシリーズにはボディー用グローブ「ゴリラの手amazon)」もありますが、シュアラスターのウォッシンググローブが最高だと確信しているので、持っていません。


Prostaff

スポンジに比べグローブが良いのは、スポンジのように握る力がいらない、このため、ソフトに撫(な)でやすい、また、握った手より手の形を自由に変えられるためホイールの奥まで手が入れやすかったり、スポークを指で挟(はさ)めたり、指先で細かい部分を洗いやすい、そして、たっぷりのシャンプー液を吸い込めるので、汚れを洗い流しやすいなどなど。

鬼人手、本当はイケてると思っているのですが、「かも♪」としているのは、まだ試していないことがあるからです。と言うのも、ホイールを洗う時はたっぷりシャンプー液を付けるため、頻繁にバケツにグローブを入れるのですが、1本洗って、バケツの中のシャンプー液を見たら、ものすごく汚れていました。ってことは、ホイールの汚れをたくさん取りつつ、バケツのシャンプー液に入れた時のグローブに付いた汚れがバケツの中に落ちる、つまり、キズを付けにくいってことかな、だったら、シャンプー液のバケツに加え、水だけの入れたバケツをもうひとつ用意して、その中に鬼人手に付いた汚れを流してから、新しいシャンプー液を付けた方がホイールをよりキズ付けにくいのかなと思っているからです。また、手のひらの部分を使ってホイールを洗わないので、シャンプー液は5本の指先だけに付けた方がシャンプーのムダがないかなとも思っています。

Prostaff

ホイールの形状にもよりますが、僕のスポークタイプのホイールだとスポンジよりグローブの方が中まで手が入れられます。

Prostaff

親指以外の4本の指を入れただけでも、奥まで指が入ります。

Prostaff

シャンプーが取れた部分だけにシャンプーを付ければムダがなさそう。

Prostaff

ルーテシアの後輪はドラムブレーキだから、まだまだ奥まで手が入ります。


Prostaff

洗う前(前輪)。やっぱし、ダストが少ないブレーキパッドに換えるべきかなぁ

Prostaff

シャワーをかけました。おっ、スマートシャインのタイヤワックスが効いてます♪

Prostaff

鬼人手で洗ってみました。

Prostaff

シャンプー液をシャワーで流しました。

Prostaff

ブロワで水滴を飛ばしてから、タイヤワックスで仕上げました。

Prostaff

やっぱしタイヤとホイールが黒いと、よりキレイに見えます


追記:

Prostaff

シャンプー液と水がそれぞれ入ったバケツを用意して、シャンプーでホイールをこすって鬼人手に付いた汚れを水に落としながら、洗車(正確には洗ホイール)してみました。

Prostaff

やはり、バケツの水が汚れましたが、ホイールからホイールへ移動する時に水の入ったバケツが結構重いので、どのみちホイール1本毎にシャワーでシャンプーを落とすのだから、鬼人手も一緒にシャワーする方がキレイになるし楽っぽいです、失敗



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.