マジ辛い!日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー!

ajikou

禁煙中でプールとイベント以外は引きこもり中ですが(それって引きこもり?)、冷蔵庫の食材が寂しくなり買い出しに行ったスーパーで見つけてしまいました。

むむむ、マジか?、はい、マジでした


ajikou

箱裏を見ると、名前貸しじゃなくて、本当にあの黄金一味の祇園味幸製

ajikou

黄金一味とは

江戸中期に天才学者として有名であった平賀源内の「番椒譜(ばんしょうふ)」。当時日本国内で栽培されていた唐辛子の種類を図で描いてある書物の中で、当時平賀源内が命名した「指上(さしあげ)」と名付けられた赤唐辛子ではなく、黄色の唐辛子が描かれています。これが現代名「黄金(おうごん)」と呼ばれています。鷹の爪(赤唐辛子)の10倍の辛味成分を持つ日本一辛い唐辛子(日本食品分析センター調べ)です。 江戸中期には、52品種もの唐辛子が日本国内で栽培されていましたが、輸入品の唐辛子が次から次へと低コストで日本国内に入ってきたため、日本農業の衰退は残念ながら止まることなく、今ではほとんどの唐辛子は輸入物です。 当店では、国内産にこだわり、この珍しい黄金唐辛子も毎年国内の農家で栽培しています。

ajikou

左が今回買った 黄金一味仕込みのビーフカレー 200g、そして右が、ジャン!これぞ日本一辛い黄金一味 13g(瓶)です。(ともにamazonへリンク)

黄金一味の辛さを知ってるからこそ、そのカレーに驚いたんです。

ajikou

ハウス「唐がらし族」大辛のキャッチコピー「ヒリヒリ辛い」を基準に表現するなら、SBやハウスのフツーの唐辛子は「なにか(御用ですか)?」、マリーシャープスのハバネロソース(これ美味い!)はヒーヒー辛い、そして、黄金一味は刺すような「痛っ!」って辛さです。ちなみに、ハウスのココイチ直伝調味スパイスは旨味増強用で辛くなく、同じくハウスのホットガラムマサラはハイコストパフォーマンスでガッツリかけると辛うまです。

ajikou

LEE辛さ20倍と食べ比べてみました。

ajikou

LEE辛さ20倍は唐辛子がたくさん入ってて辛い感じで、ちょい粉っぽい。

ajikou

「日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー」は、ひと口食べると、、、

うっ、痛っ!マジ辛っ!でも、美味っ!汗ドォ〜!

唐辛子の量ではなく、辛さの質が強いんですよねぇ。例えば、テーブルマーク(旧:加ト吉)の冷凍さぬきうどん+ヒガシマルうどんスープへうかつにポンって振りかけると辛さの衝撃が強くて、うどんや汁の味がまったく分からなくなるので、かけ過ぎないように気を付けているくらいです。

黄金一味の唐辛子もカレーも、ぜひ一度試してみてください♪



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. オヴィさん
カレーは朝昼晩毎日食べても良いくらい大好きですが、あまり辛いのは。。。中辛くらいがちょうどいいと思っています。

インドに出張した時も、マイルドと言われたのがちょうど良くて、ノーマルって言われたのが辛くて涙目でしたが、毎日朝昼晩カレーでも元気に仕事をしていました(笑)

今週のダムカレーに続いて、次回はカレーツアーでもしましょう!
2. Nojeeさん
オヴィさん、
コメントありがとうございます。

カングージャンボリーに参加する気になったのは、ジャンボリー自体と山中湖〜宮ケ瀬のドライブに加えて、ダムカレーに著しく反応されたんだぁ(爆)

インドで食べるカレーは相当辛そうですね。マイルドでちょうど、ノーマルで涙目だとすると、辛い(ハード?)のはどうなっちゃうんですかねぇ?

僕は割と辛いものが好きな方なので、LEEの辛さ20倍は普通に食べられますし、「日本一辛い黄金一味仕込みのビーフカレー」、うーん、長い名前だぁ〜も、辛いけど美味いと思いました。たぶん、スーパーに行った時にまた見かけたらリピートすると思います。

カレーツアー!?ですか、、、どこへ行けば良いんですかねぇ。と言うより、何かイベントに行ったついでに、ご当地カレーを食べるくらいですかね♪ちなみに、我がまち静岡県磐田市は「おもろカレー」(おもろとは豚足のこと)を絶賛売り出し中です!が、僕は食べたことがありません(苦笑)
3. 梅成弟子丸さん
激辛いはずなのに、ミッフィーのお皿で中和されてるように見えます(笑)
4. Art-Foodsさん
おはようございます。
カレーもホットペッパーも大好きなのですがコメントはまた別の機会にさせていただいて、ナニゲに覗いてみたこの「グルメ」カテゴリにある「炭焼のっぽ」さん、そしてそのご主人さんのブログ…趣味の写真って云いますけどもうその域を超えておられますね!いや〜素晴らしい。
とてもマニアックで高価な機材をお使いになっていらっしゃることにも「あぁこれほどの腕前なら当然か」と思わせる絵心とセンス、一度お会いして炭焼を楽しみながら写真談義なんぞをしてみたくなります。
このエントリーと関係のないコメントでごめんなさい、あまりに感動したものですから。
5. Nojeeさん
梅成弟子丸さん、
コメントありがとうございます。

だはは。ミッフィーのお皿、なにかでもらったモノで1枚だけあって、重宝しています。残念ながら辛さは中和してませんが。ん?中和してたのかなぁ〜、だとすると他のお皿だともっと辛いかも、、、なんてね(爆)
6. Nojeeさん
Art-Foodsさん、
コメントありがとうございます。

炭焼のっぽ、良いですよぉ〜。磐田に引っ越してからでも、ときどき行きたくなって、バス>電車>タクシーを乗り継いだり、アッシーをチャーターして行っています。写真はキレイだなぁと思っていましたが、高価な機材なんですね。写真の心得があるArt-Foodsさんが言うなら、間違いない!

で、コメントはまた別の機会って、いつだろ(笑)

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.