裏ワザ: ルーテシアでACC(キーON)状態を維持する方法

ACC

クルマ関連の略称でACCって、今どきはアダプティブ・クルーズ・コントロール(Adaptive Cruise Control)、ミリ波レーダーなどのセンサーとコンピュータで車速や車間を制御する機能のことですが、もちろん大衆車のルーテシアに標準で付いてるのは車速を維持するだけのクルーズコントロールです。でもね、悪口ではなくフィアット/アバルト/アルファロメオにはクルーズコントロールの設定もなく、マツダ製のアバルト124スパイダーとクライスラー製の500Xは標準装備って、大衆車はそんなもんです。

で、今回はそのACCではなく、エンジンを始動させずカーステレオ等の電装品のみを動かすためのアクセサリーポジションACCessory position)のお話で、ごく普通のクルマならキーを差し込んで1段だけ回した状態ですが、ルーテシア4はカードキー(ルノーカード)を差し込んで、スタート/ストップボタンを押してエンジンを始動させるので、アクセサリーポジションがなく、カードキーを差し込んだだけでアクセサリーポジションになりますが、3分ほどで電源が切れてしまいます。

そんなことが、Facebookの「にっぽんルーテシア団 掲示板」で「じゃあ、ルーテシア4でアクセサリーポジションと同じ状態を維持するにはどうするの?」って話題になり、MTだとどうなるんだろ?ってやってみました


ACC

ルーテシア4(MT)でACC(キーON)状態を維持する方法

  1. カードキー(ルノーカード)を差し込みます。
  2. ブレーキを踏みながら、リバースか1速に入れます。
  3. スタート/ストップボタンを押し続けます。(エンジンは始動しません)
  4. 一瞬「PRESS CLUTCH + START」と表示された後に「PLEASE REMOBVE KEYCARD」と表示されたら、スタート/ストップボタンを離し、ニュートラルに戻し、ブレーキを離します。
  5. これで5分経過してもACC状態でした。たぶん、ずっとACC状態なので、バッテリー上がりに注意してください。
  6. 解除するにはカードキーを抜きます。(電源が切れます)

ちなみに、ブレーキを踏む代わりにクラッチを踏みながら、リバースか1速に入れ、スタートボタンを押すと、普段通りエンジンがかかりました。、、、って、当たり前か

ACC

ルーテシア4(EDC)でACC(キーON)状態を維持する方法

  1. カードキー(ルノーカード)を差し込みます。
  2. ブレーキを踏みながら、リバースかドライブに入れると「SELECT PARK」と表示される。
  3. スタート/ストップボタンを押し続けます。(エンジンは始動しません)
  4. 一瞬「PRESS CLUTCH + START」と表示された後に「PLEASE REMOBVE KEYCARD」と表示されたら、スタート/ストップボタンを離し、ギアセレクターをP(パーキング)に戻し、ブレーキを離します。
    お願い: 表示内容は検証していないので、たぶんです。もし、違う表示が出たら、ぜひお知らせ(コメント)ください♪
  5. ずっとACC状態なので(たぶん)、バッテリー上がりに注意してください。
  6. 解除するにはカードキーを抜きます。(電源が切れます)

追記: 星野久美さんがルーテシア4/RS/EDCでACC(キーON)状態を維持する方法を試してくれました。いつも、ありがとうございます。

ACC

そっか、EDCにはクラッチはないので「PRESS CLUTCH+START」って表示される訳がありませんね



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. 星野久美さん
これはいいことを聞きました。
カーナビの設定してるときなんか途中で電源が切れるのでエンジンかけっぱなしになるのがちょっと嫌だったもので。
2. Nojeeさん
星野久美さん、
コメントありがとうございます。

EDCだと実際にはどんなメッセージが表示されるか確認できていないので、ぜひやってみてコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。
3. Yokomaruさん
まさしく、このACアダプターの時間切れ、何とかならないの?カミさんから言われていたので、ベストタイミングでした。ありがとうございます😊
やはりバッテリーが切れると責任問題になるから取説には載せないのでしょうかね〜。
4. Nojeeさん
Yokomaruさん、
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りカードキーを差し込むだけですから、それでバッテリーがあがると文句言われそうですし、ACC、普通の利用(って何?)なら、3分あれば十分ですかね。

facebookの話題を記事にするのは少し引け目を感じていましたが、facebookを含めSNSはその性格上から記事がどんどん流れていくので、これはネットで検索しやすくすべき有用な情報だと感じましたし、MTはどうか調べたのは僕なので、あえて記事にしました。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.