トヨタ博物館で見たもの、感じたこと(後編)

TOYOTA

ジャン!「トヨタ博物館公式Facebook 20,000いいね!記念プレゼント

平日の開館10分前に並んで、無事ゲットしたピンバッジです。

バックでぼやけて写っているのは、4つあるスタンプのひとつ「トヨタ2000GT」と、A4サイズ20ページもあるトヨタ博物館の館だより「T-TIME」で、ネットにバックナンバーがすべてあるので、サラッと読んでから行ったらもっと楽しめたって思う充実した内容です。

さて、じっくり1台1台見て回り感じながら、前編ではクルマの歴史を考えましたが、後編では僕のいびつなクルマ感を考えてみました。


TOYOTA

子供のころはフェアレディ240ZGにあこがれていました。

TOYOTA

今回、どうしても見たかった1台で、本当は自宅から徒歩15分のヤマハ発動機「コミュニケーションプラザ」にも展示される時があるらしいんですけどね

TOYOTA

こんなDVDを持っていて、スゲェなぁ〜と思って♪

ちなみに、レクサスLFAもスゴイですが、我が家から数百メートルのところにも生息するテスラモデルSはちょっとちがう意味でももっとすごいです。共に、DVD、かなり必見!

TOYOTA

そして、僕のクルマ感をいびつにさせたのが、このクルマの国内版である初代セルシオです。静岡県西部で1番最初に納品された個体、社用車ですが、乗り回しました、ブッ飛ばしました、すごく良いクルマだけど、個人的にはいらないな。同じころ、BMW850iを70kmほど走らせて、う〜ん、これはクーペだけどスポーツカーじゃないな。そして、子育て中だったこともありシトロエン・エグザンティアのブレークに乗り、人に見られることを意識しないでクルマに乗るなら、これで十分。そして、超低速社会の日本で交通法規を守りながらクルマの能力を十分楽しむなら小さいクルマの方が楽しいよね♪に至るのでした。

TOYOTA

当時は僕なんかが買えるクルマだったのかなぁ〜。

  • ホンダ S500 AS280型
    当時、すでに2輪メーカーとして名を馳せていたホンダが4輪分野へ進出、本格的なライトウェイトスポーツであるS500を送り込んだ。デビューは1963年、前年に発表したプロトタイプS360の生産型である。531ccの超小型4気筒ツインカムには4基のCVキャブを装着して44hp/8000rpmの出力から最高速度は130km/h。小型車としては驚異的なパフォーマンスと軽快な2座オープンボディから若者の憧れを一身に集めることになった。その後、このモデルはS600、S800へと発展、本田技研工業の自動車部門の基礎を築き上げた。
  • Wikipedia > ホンダ・S500

TOYOTA

どっちも買えるなら、僕ならこっちの方が楽しそう♪

  • トヨタ スポーツ800 UP15型
    トヨタスポーツ800は、1962年のモーターショーで発表されたプロトタイプであるパブリカスポーツを祖として、1965年4月に登場。空気力学を重視した機能的なスタイルをそのままに、パブリ力のコンポーネンツを用いてコストダウンを考えた大衆のためのスポーツカーであった。価格は59.5万円。デタッチャブルトップの開放感と、わずか790ccの空冷水平対向2気筒から得られる、155km/hの最高速度はドライブの楽しさを一般的なものにしたのである。
  • Wikipedia > トヨタ・スポーツ800

TOYOTA

いまなら、これかなぁ、、、

TOYOTA

でも、こっちの方がオープン感があって、好きかも♪

そう、もしかしたら増車するかもで、今月に入って試乗しました。もちろんMTで!

あなたならどっち?


TOYOTA

帰りには台湾ラーメンして、、、

TOYOTA
TOYOTA
TOYOTA
TOYOTA

燃費は22.91km/L(265.8km/11.6L)でした。行きも帰りも通勤ラッシュだったから、まずまずかな。それよりも問題は、ワイディングを走るわけでもなく、この程度の距離の移動だと走ったぁ〜感が薄くなってきたこと。ヤバいです、困った


オマケ:

TOYOTA

トヨタ博物館のコンパニオンさん(ですか?)は皆さん美人で、とにかく顔が小さい



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Art-Foodsさん
おはようございます!
優先順位は…台湾ラーメン>案内嬢>クルマ…なボクです(´▽`*)アハハ
因みにコペンは先代のデザインの方が好きでして、現行車の「軽自動車枠であること」を強調したようなまとめ方にはいささかの精神的窮屈を感じます。
よってS660に一票!
2. Nojeeさん
Art-Foodsさん、
コメントありがとうございます。

台湾ラーメンは有名店が夕方からの営業だったため、近場のチェーン店でしたが、これなら地元の美味館の激辛台湾ラーメンの方が、、、でした。

そして、受付嬢、じゃなくて、館内にも何人もいるのでコンパニオンさんかなって。平日だったこともあり、キレイな新人さんがキレイな先輩から厳しく指導されながら説明の練習をしてたり、カメラを構えるとスッと引いて構図の中に入らないような気配りをしたり、それってお願いするとクルマと一緒に写真を撮らせてくれるんですかねぇ〜。

なるほど〜、コペンに対するご意見、ありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.