シュアラスター ウォッシンググローブ 10ヶ月耐久テスト

w-glove

久しぶりのカーウォッシュ・カーケアのネタです。先月なんて1件しか書いてないのに、自分でもビックリしてます。でも、簡単、キレイ、安いで選んだいろいろなものを使って試して、最近はカー用品店に行っても、使ってみたい目新しいものもなく、実はノートも親水系から撥水系のブリリアントシャインディテイラーに切り替えました。これからは長期使用していく中で、おっと思ったことなどを紹介しようと思っています。

さて、スポンジよりボディに優しく作業性も高いウォッシンググローブ。左より

最新型S-106と新型S-91の違いはパッケージの違いだけと思われます。

使い始めて10ヶ月、S-91、まだまだ使いますよ


w-glove

写真を拡大すると、スリッカーブラシで毛をほぐしたS-71(左)に比べ、S-91(右)は使い始めて1度もブラッシングしていない(ダメじゃん!)ので毛がからみまくり。まぁ、このくらいなら良いかな、、、ダメダメ。ってことで、今回初めてブラッシングしました。ダハッ

w-glove

ひっくり返した写真もせっかく撮ったのでご紹介。左より、S-71、S-91、S-106。


w-glove

ドギーマンの取扱説明書によると、この持ち方だと力が入り過ぎるので、、、

w-glove

こちらが正しい持ち方です。

w-glove

すっかり、毛が1本1本にほぐれました。マメにブラッシングしないといけませんね。と言うのも、シャンプーを付けてクルマのボディーをなでることで、細い羊毛の毛が横に寝ながら汚れをソフトにかき取るので、ほぐした方が効果があるに決まってますから。

部分的にボソッと抜けたところはなく、多少は毛が切れてる感があるところもありますが、全体的には密度感はあまり変わりませんので、使用するには問題ありません。

w-glove

ブラッシングをして取れた毛は良い意味でこの程度。頻繁にブラッシングしすぎない方が良さげではありますね。で、植毛でも毛が抜けにくく、銀割れもしないので長寿命だから、天然ムートンを使った類似品よりシュアラスターのウォッシンググローブがイチオシ!

w-glove

ブラッシング前とは差が歴然です。左より、S-71、S-91、S-106。

w-glove

外周もキレイにブラッシングしました。左より、S-71、S-91、S-106。


w-glove

さて、天然ムートンが銀割れした旧型S-71はもう使わないので、バラしてみることにしました。S-91以降にはなくなった外周のパイピングを外すと、ムートンとグローブがしっかりロックミシンで縫い合わせてあります。さらに、この糸も外すと、、、

w-glove

バラバラになりました。(グローブはバラさなくて良いですよね?)

w-glove

毛皮は2層構造なので、毛が植わっている銀面だけが割れています。

w-glove

ムートンをひっくり返すと、いくら水洗いができる特殊ななめしをしてあったにしても、毛皮がカチカチで、使い続けたらいずれ破れていたでしょうね。これも天然ムートンを使った類似品をお勧めしない理由です。


追記:

w-glove

ブラッシング後にシャンプー洗車を3回した状態。やはり、毛が1本1本になっていると汚れが取れそうな気がするから、時々(3ヶ月?半年?)はブラッシングした方が良さそうです。

w-glove

上記画像の後、振り回して水気を飛ばした状態。この後は、日陰干し。

w-glove

ルーテシアもキレイになって喜んでいます♪



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.