マイチェン前のフィアット500Sを試乗しました♪

500S

500AZZURRAから500Sへ乗り換えた空いろ500さんに、いつもの試乗コースで500Sを運転させてもらいました。って、このために親友にも協力してもらって個人売買を無料で仲介したと言っても過言ではありません。

それにしても、同じ900ccでもずいぶんイメージが違うと思うのは僕だけですか?500Sと言ってもスペックはいわゆる500と変わらず5MTってだけ。でも、フロントとリアのバンパーの形状が変わり、サイドスカートやリアスポイラーも付いて、ホイールもガンメタになって、スポーティな演出がされています。グッジョ〜ブ!


500S

2015年(平成27年)11月、走行距離7,009km、事故歴・修理歴なし、にしても、めっちゃキレイ!って思ったら、、、

500S

何と!同僚からSONAXブリリアントシャインディテイラーのお試しサイズ(イエローハットに売ってます♪)をもらってコーティングしたそうで。しかも、僕のブログを見てるのだとか、、、ひゃ〜、うれしいです

500S

さて、2台の評価やスペックを見てみましょう。

スマホでご覧の方は横にすると表がキレイに表示されます。

 フィアット 500Sルノー ルーテシア ゼン0.9L
全長×全幅×全高3585×1625×1515mm4095×1750×1445mm
ホイールベース2300mm2600mm
車両重量1010kg1130kg
エンジン直列2気筒ターボ 875cc直列3気筒DOHCターボ 897cc
最高出力85ps/5500rpm90ps/5250rpm
最大トルク145Nm/1900rpm135Nm/2500rpm
変速機5MT5MT
JC08モード燃費26.6km/L19.52km/L (僕の実績)
乗車定員4名5名
車両本体価格225万7200円208万円

500S

これはGoogleマップを3D表示にして、試乗コースを北から南へ見ています。右上の星印のスタート地点から緩やかなカーブが続く尾根の道を走って、右下の比較的急カーブ急こう配を走って、ゆっくりと左下へ抜けていく8kmほどのコースです。むむむ、この日はなぜかパトカー2台とすれ違いましたが、無茶な運転をする訳ではないので(ホントか!)問題ないでしょう(たぶん)。

さて、500Sで一番心配していたのはホイールベースの短さで、女房が乗っていたプント1.2HLXスピードギア(CVT)が道路の段差を越える時のピッチング(前後の揺れ)が大きくて、あまり乗り味が良くなかったのがトラウマになっています。でも、改めて見たらホイールベースがさほど短くなかったんですが、ホイールベースを長く採ることが多いフランス車に乗り慣れているのも事実で、ルーテシアは2600mm、500Sは2300mmと300mmも違うとずいぶん乗り味が違うと想像していたのですが、500Sは揺れがマイルドでまったく気になりませんでした。さらに、カーブでのロールもトゥインゴのような極端さはなく、踏ん張りもしっかりしてくれます。クラッチはノーマルルーテシアや以前の乗っていたメガーヌ2とは真逆のちょっと離すとすぐつながるスポーツタイプ系、エンジンはルーテシアと同じようにターボが効くと一気に回転を上げます(と言っても、R.S.とは違って、それなりです)が、レッドゾーン辺りは緩やかでルーテシアのような突き抜ける感じ(慣れれば気にならない)はなくて、運転しやすいだろうと思いました。

総じて、想像以上に運転しやすく、楽しくてメチャ良いじゃん!と思いました。

ちなみに、空いろ500さんは僕のルーテシアを運転してみて、シートや挙動のマイルドさにビックリしたようで、同じラテン系のノーマルグレードでもイタリア車とフランス車は趣(おもむき、味わい)が違うのを感じてくれたようです。

500S
写真をクリックすると動画
(1分30秒)が見られます。

500S
写真をクリックすると動画
(3分43秒)が見られます。

BGMは「Easy Street / David Lee Roth」、原曲はThe Edgar Winter GroupのアルバムShock Treatmentに入ったDan Hartmanの曲です。で、無理くりこじつけると歌詞は「Saturday night(土曜の夜)」と言うフレーズで始まりますが、試乗したのは7/4火曜の昼間、そうなんです、、、

500S

現行500(チンクエチェント)の10歳の誕生日でした。

落ちがイマイチで申し訳ないです



2017年07月08日コメント(2)クルマ

小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. オヴィさん
500Sはずっとほしいクリマ候補にはあがっていました!売り切れで新車で買えなかったのと、サイズの割に高かったのであえなく断念し、結果的にはルーテシアZEN0.9に出会えて幸せなので良いのですが、500Sの試乗もできなかったのは今でも心残りです(笑)なので、楽しく読ませてもらいました!
2. Nojeeさん
オヴィさん、
コメントありがとうございます。

記事では触れていませんが、「サイズの割に高かった」とおっしゃる通り、チンクエチェントは僕の中ではプレミアムカーの位置付けです。

おぉ〜、ほぉ〜、と10年売れている理由を確認できました。さらに、全損した女房のパンダ2も含め、イタリアとフランスの大衆車の違いを再確認できました。

フランスで売れ筋グレードのZEN/5MTはやっぱり良いなとも♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.