親友のCarlsson C-Class with Michelin Pilot Sport 4

Carlsson

親友Kちゃんとは年に数回の飲み会で会うだけなので、クルマの紹介は何と10年ぶり。

  • 070925 親友とベンツR350と・・・ (メルセデスです、ちょいと恥ずかしい
    高校も大学も違うのに、なぜか馬が合って、バンドやったり、パッソル(原チャリ)で走り回ったり、社会人になっても、一緒に遊んでて、
    お前ら30(歳)過ぎて、いつまでも遊んでんじゃない!
    って、こいつのオヤジ(メチャ怖)に、いつもセットで怒られてた。
    こんなに面白くて、マメで、フットワークのいいヤツ。見たことない。

十代からずっと遊んでて、もうすぐ還暦


Carlsson

さて、まずはちょっとだけ大人の用事のお話から。

隠居生活なので通夜や葬儀には親戚か本当に近しい友だち(親友)の関係しか行きません。親友のお父さんは僕たちが生まれたころに起業して150名以上の会社に育て上げた方で、ご本人にはお会いしたことがありませんが、聞くところによるとKちゃんのお父さんよりさらに怖かったらしい。

当然、そんな方の葬儀と言えば、ものすごい人数の方がいらっしゃるだろうってことで、30分前に待合せし、自宅を出る時も電話して、、、

「着いたよ♪」
「えっ、めっちゃ早くない?」
「だってぇ〜、明るい紫にラメが入ったスカイラインにあおられて、、、」
「何、それ!?もぉ〜、で、駐車場、混んでる?」
「それがガラガラで、、、」
「そうなの!?時間は合ってるよなぁ、、、とにかく行くで。」

一番入りやすくて出やすい葬祭司様専用駐車スペースに横に並べ、まだ全然早い時間でしたが、親友が入口に見えたので、小走りで入って行くと、、、お父さんはすでに現役を引退され、その後に1年以上の闘病生活となり、威厳のある方なので社員には最後のお姿を見られたくないだろうと新聞にも載せず、会社にはFAXだけして、、、今日まで夏休み。やはり相当怖かったんだな。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Carlsson

さて、本題。

親友のメルセデス。見た目はほぼノーマルですが、納車前に浜松ヤナセさんがカールソン浜松さんへ持ち込んで、走りはいじってあるらしい。やはり、還暦近いと言っても、バリッとこの外観にしたら客先には行きづらいよねぇ。(実はKちゃんも社長さん)

Carlsson

フロントタイヤハウスをパシャ。Carlssonルック(見た目だけ)だとCarlsson performanceにはならないらしい。ホントかぁ〜?それにしても、お互い30年前とはずいぶんルック(見た目も)が変わったよな。しみじみ。

Carlsson

「スモールもフォグも青いバルブ?」
「最初(納車時)からこうだよ♪ それにフォグじゃなくてコーナリングランプで動くよ♪」
「へぇ〜」
「ねぇ、ソナックスなんとか、俺のもやってよ!」
「良いけど、コーティングしてあるんでしょ?」
「うん、キーパーの3年ノーメンテナンスの♪」
「洗車はスタンドで手洗い?」

、、、会話が10代20代のまんま。親友ってそんなもんですね

Carlsson

「それにしても、ホイール、汚ねぇな〜」
「だって、俺も低ダストにしたいけど、(浜松ヤナセさんに)ダメだって言われたもん。」
「おっ、タイヤはクラフト浜松さんで買ったミシュランパイロットスポーツ4だね♪」
「MICHELIN PILOT SPORT 4のところ、特殊な加工がしてあるらしいよ。」
「ホントだぁ〜、なんか黒光りしてるね♪」

Carlsson

どれどれ、、、まだ溝があって交換していないパイロットスポーツ3のリアタイヤを見ると、まったく違いますね。なお、フロントは255/40ZR18、リアは255/35ZR18。この夏休みに走行距離が10万キロになったとのこと。もう7年乗ってるって、意外に走ってないねぇ。で、お互い次の10年後のクルマはあり?

(Kちゃん、こんなもんで良いかな♪



2017年08月15日コメント(0)クルマ | ライフ

小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.