吸水量を調べた GYEON 水滴拭取りクロス SILK DRYER など

GYEON

GYEON SILK DRYERの吸水力ってスゴッ!

って思ったのと同時に、どのくらい吸水してるんだろ?そもそも、いままで使ってきた水滴拭き取りクロスってタオルみないのじゃないけど、何でだろ?って思ってしまったんです。でぇ、比較してみました。

左から

  1. SurLuster シュアラスター 水滴拭き取りクロス ※四つ折り
  2. SurLuster シュアラスター マイクロファイバークロス ※四つ折り
  3. Kalle 水滴ふき取りスポンジクロスamazon) ※2枚
  4. GYEON 水滴拭取りクロス SILK DRYERamazon) ※四つ折り
  5. カーシャイン ホワイトクロス
  6. ユニセーム 水滴ふき取り合成セーム革 ※2枚

写真のように乾燥した状態とバケツに貯めた水を吸わせてから取り出して10秒ほどして水が滴り(したたり)落ちるのが落ち着いた状態の重さを計ってみました。



SurLuster
SurLuster

  1. SurLuster シュアラスター 水滴拭き取りクロス

SurLuster

カー用品店で良く見るアイオン AION プラスセーヌのOEMだと思います。


SurLuster
SurLuster

  1. SurLuster シュアラスター マイクロファイバークロス

SurLuster

コーティングのゼロシリーズの付属品で、僕は専用品が良いと思っているので、このような汎用品は水滴拭取りには使いません。いまはシャンプーをシャワーで流した後、さらにシャンプーを流すためにシャワーを掛けながらボディを軽くこする時に使っています。


Kalle
Kalle

  1. Kalle 水滴ふき取りスポンジクロスamazon

水滴拭取りをした時に拭き戻しが少ないので気に入っています。1年前から雑巾のように絞っているのでボロボロですが、2枚で620円だからコスパも抜群!


GYEON
GYEON

  1. GYEON 水滴拭取りクロス SILK DRYERamazon

タオル状で水滴拭取りって、どうなのかなと思いつつ使ってみましたが、吸水力が抜群で目からウロコ


CarShine
CarShine

  1. カーシャイン ホワイトクロス

過去に人気があった洗車クロスとして黄色眼鏡さんにいただきました。僕はシャンプー流しように使っています。と言いつつ、もうすぐ世代交代しそう


UniChamois
UniChamois

  1. ユニセーム 水滴ふき取り合成セーム革

プラスセーヌ同様にカー用品店で見かけますが、共に拭き戻したあるからなぁ。


結果を表にまとめてみました。

商品乾燥時吸水時吸水量吸水率
1. SurLuster372452085.62
2. SurLuster673412744.09
3. Kalle171521357.94
4. GYEON1498176684.48
5. カーシャイン141331198.50
6. ユニセーム251941696.76

実際は乾燥した状態から水滴拭取りをするわけではないし、吸水するスピードや拭き戻しの少なさも重要なので、あくまで目安です。

いま気に入っているGYEONのSILK DRYERはサイズが大きく厚みもあり吸水量も断トツです。


GYEON 水滴拭取りクロス SILK DRYER(動画15秒 音声なし)

乾燥した状態から吸水するスピードが速いのが分かります。

GYEON

吸水した817gから裏面を内側に雑巾絞りして368gなので、差し引き449g=449ccの水滴を絞った状態から拭取れる力があるとも言え、吸水力が高いです。


GYEON

各種タオルを拡大して比較してみました。左はスポーツクラブで使っている今治タオル、右はGYEONのSILK DRYERで、織り方がまったく違いますね。

GYEON

左がGYEONのSILK DRYER、右は新品のキーパークロスで、織りの形状は似ていますが、大きさや長さが違いますね。

GYEON

左がGYEONのSILK DRYERです。右は新品のシュアラスターのマイクロファイバークロスで、キーパークロスと似てますがキーパークロスの方が非常に柔らかいです。

GYEON

ともにシュアラスターのマイクロファイバークロスで、左が普段使っているもの、右が新品です。使っているものは基布が見えています。

GYEON

GYEONのSILK DRYERを使用後にベランダで干した時、日差しが透けるほど基布が粗いのが分かります。これって、吸水力を高めるためかなと思ってしまうのは僕だけ?

マイクロファイバークロスもボディに傷は付けないんですよね?


追記: 黄色眼鏡さんが教えてくれたサイト。

これはスゴイ検証。CDの表面をこするのは良いアイディアですね!



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. 黄色眼鏡さん
面白い企画、そしてGYEON SYLK DRYERの性能が抜きん出ていますね。

「マイクロファイバークロスもボディに傷は付けないんですよね?」
個人的な見解では「物と物を擦れば傷は付く」と思っています。目立つ(わかる)・目立たない(わからない)の差はあると思いますが。

みんカラに「クロスの傷付き具合検証してみた」という投稿がありました。
http://minkara.carview.co.jp/userid/1032878/blog/25512013/
2. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

教えてもらったGYEON SYLK DRYERをバケツの水に漬けた時のずっしり重いのにビックリして数値化できないかなぁと思いつきました。本質的に、なぜこんなに吸水するかは分かってないんですけどね(苦笑)

もちろん、こすればキズは付くものでしょうかけど、できるならキズが少ないものを使って洗車したいから。

リンクしてくれたページ、非常に興味深く読みました。スポンジがDPROピュアーソフトなのも、ごるゴンさんのマニアックぶりが受けました。僕もやってみたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.