ゴリラの手で洗って、ノートを3か月ぶりにコーティング

PROSTAFF
PROSTAFF プロスタッフ ボディ洗車用グローブ ゴリラの手

このところ、雨が少なくてクルマが汚れないので、気づいたらノートを3か月もコーティングしていませんでした。


PROSTAFF

そこそこの洗車道具ならボディにキズは付かない、大切なのは「土ぼこりや鉄粉などの汚れが付いたままの洗車道具でこすらない。マメに汚れを落としながら洗車作業をする」ってことで、今回は洗車グローブ実売1,000円未満代表「ゴリラの手」で2回シャンプー洗車してからSONAXブリリアントシャインディテイラー(ソナックスBSD)することにしました。昨年末の話ですが

PROSTAFF

基布が見えていますが、太いマイクロファイバーのモサモサ(ツイスト)だから、このくらいの植え込みで大丈夫なのかな。あとは使い続けてツイストが抜けないかですね。

Amazonで「洗車グローブ、モップ、はたき」で検索すると似たようなツイストのモノが出てきますが、ツイストの長さ、基布が違うような同じような、、、吸水力があると書かれていますが、グローブだと洗車用としては楽ですが、水滴拭取り用としては水を絞る時にいちいち手から外す必要があるから面倒です。

PROSTAFF

反対の面はマイクロファイバークロスになっていてガンコな汚れを取る用だそうです。僕としては両面がツイストの方が長く使えそうで良いけど、コストの関係もあるんですかね。まぁ、あれこれ深く考えず使ってみますかね。

PROSTAFF

泡の乗りは上々で、ツイストがシャンプー液を吸い込んでくれてるようです。

PROSTAFF

シャワーで表面の汚れを洗い流した後の1回目のシャンプー洗車はシャンプーの泡や液を乗せるだけなので、5本指を握ってシャンプー液を絞り出せるから案外便利です。面ごとにシャワーでシャンプーを洗い流したら、ゴリラの手を3回すすぎして汚れを落として、新しいシャンプー液でボディをこすってシャワーして、今度は弱いシャワーを出しながらホワイトクロス(マイクロファイバークロスでもOK)で残ったシャワーを拭き流します。この最後のひと手間が大事!

PROSTAFF

ソナックスBSDして、すっかりピカピカになりました


オマケ:

PROSTAFF

未塗装樹脂コーティングを施工して2か月、青いマスキングテープの左側のワコーズ SH-R スーパーハードはまだまだ黒光りしていますが、右側のオートグリム NEW バンパー&トリムジェルは、、、あれっ、どこ?

PROSTAFF

オートグリムをした部分にワコーズを塗って、耐久性を経過観察しようかな♪



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.