1本使い切り、やっぱり SONAX ブリリアントシャインディテイラー

SONAX
SONAX ソナックス コーティング剤 ブリリアントシャインディテイラー

一昨年2016年8月から使い始めて約1年半、やっと1本を使い切りました。

で、どう?って、、、

その間も「簡単、キレイ、安い」な洗車を考えながら硬化系コーティング剤も含め探してはみましたが(使ってませんけど)、やはり、これに勝るモノは僕としては見つけられませんでした。唯一気になるのはGYEONのWETCOATかな

SONAX XTREME BRILLIANT SHINE DETAILER
ソナックス エクストリーム ブリリアントシャインディテイラー

それにしても商品名が長過ぎ!僕は勝手に「ソナックスBSD」と呼んでます。

ってことで、やっぱり、当然、リピートしました


SONAX

パッケージがリニューアルされ、ボトルが不透明のグレーから透明になり溶剤の残量が分かるようになりました。溶剤自体はパッケージの文章を見る限り、変わっていないようです。商品名からすると「美しい輝き」が売りですが、日本人は光沢感より撥水や親水の性能を重視するため、撥水力や耐久性を売りにしているようです。

SONAX

ソナックスBSDに限らず商品は使用方法通りに使うことで性能が100%引き出されます。例えば、コーティング剤はたくさん塗りすぎるとムラにやすいです。ソナックスBSDは、ボディにシャワーの水滴が残った状態でボディに適量を直接スプレーし、すぐにクロスでしっかり塗り広げ、余剰成分が残らないように水分と一緒に拭き上げることが大切だと思います。そして、特に1回目の施工の時は鉄粉落とし、水アカ落としの下地処理を必ずしてください。

SONAX

使用量だけでなく施工頻度も同じです。いろいろ使ってみて半分から7割程度で考え、それ以上短い頻度でやってもまったく意味がありませんし、ムラになるからダメってはっきり言うメーカーもあります。余談ですが、ブリスだけは毎日やっても大丈夫って言われましたけど。ソナックスBSDは「耐候性期間 3ヶ月(季節等の要因により異なる)」と書かれていて、僕は1ヶ月半から2ヶ月を目安に施工していますが、雨が少なかった3ヶ月では問題ありませんでした。

さて、「正」の文字は施工回数で1本でルーテシア、パンダ、ノートを25回施工しました。パッケージには「中型車 約14台分」書かれていて、使用方法を守らずドバっと使っても、、、ってことすかね(爆)。

ってことで、販売価格はマイクロファイバークロス付きで2,725円(amazon)とお高めですが、容量がたっぷりすぎるほどの750mlあり、ルーテシアなら1回あたり109円と超撥水3ヶ月で実はコスパも良いです!

SONAX

750ml/中型車約14台分=54ml/台と言いつつ、ルーテシアなどに施工して平均30mlなので、40ml入りの試供品でDセグメント車も1回は施工できそうですね。

1本使ってみて、簡単、キレイ、安い、超撥水、光沢、耐候性期間はバッチリ!

だだし、触った時のぬめっと感はまったくありませんので、あしからず。もし、ぬめっと感も欲しいならワックスを使うべきで、そもそもコーティング剤は不向きです。

ぜひ、カテゴリー「カーウォッシュ・カーケア」の記事を読んでみてね♪


追記:

Kalle

SONAX



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. 黄色眼鏡さん
GYEONのWETCOATは

”スプレーして大量の水ですすぐだけ”

という簡単施工がウリのコーティング剤ですが、Nojeeさんの施工頻度だと、あっという間にボトルが空になるので、「ウエスに噴霧してボディに塗り込む」方法にチェンジするでしょうね。
2. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。本文でリンクしたWETCOATのページに書かれた「洗車後、濡れたボディに直接噴霧し、その後たっぷりの水で洗い流します」、さらに、「水と酸素を化学反応させ、最大12週間の撥水効果を維持します」がすごく気になります。だから、仮に購入しても「ウエスに噴霧してボディに塗り込んでもOKです」は「もOK」なので、やるつもりはありません。

YouTubeの動画を見て、あんなに大雑把にボディに直接スプレーして、大量のシャワーするだけで、本当にコーティングできちゃうんですかねぇ?撥水力はどのくらいあるんですかねぇ? 、、、試供品があればノートで(苦笑)、テストしてみたいものです♪
3. mokkoさん
5 いつも拝見しています。
この手のコーティング方法でウィンドウには影響しないんでしょうか?
どうしても拭き取る時にウィンドウに流れてしまうと思うのですが…。
4. Nojeeさん
コメントありがとうございます。

す、鋭いご指摘!

ほぼ水平なルーフは撥水コーティングをしてあってもシャワーの水滴がたくさん残りやすく、その状態にソナックスBSDを直接スプレーし塗り広げながら水滴を吹き上げると、おっしゃる通りウィンドウ(特にフロントウィンドウ)へ流れやすいです。そして、それがフロントウィンドウの撥水コーティングに影響がないか、、、僕は分かりません。と言うか、実は僕もかなり気になります。

そこで、あまり細かく手順を書くと余計に分かりにくくなるかなぁと思って、いままで書いてなかったことを説明させていただきます。

2回のシャンプーの後、シャワーを弱めに出しながら、クロスでなでて、シャンプー流しをし、弱から通常の全開に戻してボディ全体にシャワーをします。

まずは、水滴拭取りクロスでルーフ全体をササッと拭いて、水分を調整すると言ったら良いのでしょうか、水分を減らします。特にルーフの前方、フロントウィンドウとの境目の20cmくらいだけは水滴を完全に拭き取ります。(ちなみに、さらに細かい話をすると、水滴拭き取りに使っているKalleのスポンジクロスは黄色と水色の2枚セットを2組持っていて、2枚重ねで使っていますが、黄色2枚はボディ用、水色2枚はウィンドウ用に使い分けています)

次に、すべてのウィンドウの水滴を拭き取りクロスで完全に拭き取ります。これで万が一ルーフの塗り広げでソナックスBSDが流れ落ちたか確認できる状態を作ります。

さて、ソナックスBSDのコーティングは付属の赤いクロスを四つ折りにして使いますが、事前のシャンプー洗車作業で汚れはほぼ除去されている前提で、1回のコーティング施工作業には四つ折りにした1面だけしか使いません。塗り広げ作業でソナックスBSDが面に残っていて面を変えたらもったいないかなと思って(苦笑)

、、続く(文面が長すぎて入力でしず2つに分けました)
5. Nojeeさん
続き、、、

そして、最初だけは使う面に3回ほどスプレーして、まず、ボンネットをざっくり拭き、塗り広げます。言い換えれば、塗り広げ・拭取り作業にクロスにソナックスBSDが残るので、ルーフ、ボンネット、サイド、リアと作業を進めて行き、最後のリアはスプレーを拭く量も少なめです。(実はこのやり方をメーカーに確認したら、それで良いでしょうと言われています。めんどくさいユーザーですね。)

ルーフをコーティングする時はウィンドウに水滴が流れないようにかなり慎重に拭き上げ作業をします。

う〜ん、自分で読み返しても、細かすぎて分かるかなぁと心配ですが、いかがでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.