CDメインユニットセット LUT15-7100 価格は妥当かも♪

CarAudio

こちらは日本にはない一番安いグレードExpressionの内装で、DAB radio with R&Go app が装着され、1DINのカーオーディオを装着するパネルと違うような。でも、パネルの大きさは同じくらいで上端が低くなるのが分かります。

CarAudio

僕のルーテシアのセンターパネルを横から見ました。2DINは無理っぽい。

CarAudio

標準装備のユニットを外したものです。

CarAudio

横から見ると本体は1DINサイズのようです。


CarAudio

さて、本題です。

せっかく付けたFocal Music Liveスピーカーをキッチリ鳴らすためには、ダイヤトーン サウンドナビは別にして、一般的なナビのオーディオ部分は1DINオーディオの2万クラスらしいので役不足です。となると、ポン付けするなら、まず、ルーテシアのオプションにあるナビゲーション/マルチメディアの中では唯一のCDメインユニットセット LUT15-7100(税抜64,000円)を買う必要があります。次に、このセットの1DINメインユニットDEH-7100(税込23,000円)では役不足なので、同じカロッツェリアで言えば、最低でも中価格帯のDEH-970(税込35,000円)かDEH-P01(税込100,000円)が欲しくなります。

でも、セットからDEH-7100分を差引いた税抜41,000円がパネル代って高すぎじゃない!?って思う訳です。

ところが、どうもそうでもないっぽいんですよねぇ


CarAudio

ソンデックさんからいただいた取扱説明書です。

実はCDメインユニットセット LUT15-7100はスタート/ストップ(アイドリングストップ)装着車には対応していなくてNo.1〜7と1DINインストールキット(次の画像)の組合せで、スタート/ストップ装着車に対応したセットはLUT161-7100S(税抜75,000円)でNo.2、3を除いたNo.1〜19と1DINインストールキットの組合せになります。

CarAudio

そう考えると、DEH-7100をポン付けするための部品と動作確認、そして、10ページの英文マニュアルをさらに詳細に補足する7ページの日本語マニュアル、これにキットを作るための開発費を1台当たりに割り返すと価格はちょい高ですが妥当かなぁと思います。

CarAudio

こちらは英文マニュアルの部品リストです。


CarAudio

これは友達がUKのオークションで探してくれたパネルベースの表。

CarAudio

そして、パネルベースの裏です。

CarAudio

カングーは商用車ベースなのでシンプルなCDメインユニットのオプションがあります。小さな文字ですが「SS付車はバッテリーアシスト代(13,000円:税抜)がプラスされます」と書かれています。これがルーテシアのNo.16〜19に相当する金額ですね。

すでに、個人輸入代行業者USA-GETでUKの部品サイトAll Car Parts Fast(ACPF)やオークションで部品を調達していますが、その品番が正しいか分からないので装着後に詳しく報告しますね。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.