ルーテシア、オール一般道948kmを無給油で燃費24.1km/L

FTP

今回の日本自動車博物館、フレンチトーストピクニック、親不知・子不知への2泊3日ドライブ、普段なら燃費は記事の最後で報告していますが、特別に別記事にしました。と言うのも、、、

オール一般道ドライブ948km無給油燃費24.1km/L達成しました!

同じエンジンのトゥインゴ3/0.9Tが仮に5MTだとしても、無給油で948kmは走れません。なぜなら、燃料タンクの容量が違います。トゥインゴ3は35L、ルーテシア4は45L、さらに、僕の0.9T/5MTもR.S.TROPHY/1.6T/6EDC/220psも燃料タンクの容量は同じなんです。だったら、走行距離だけならダウンサイジングターボが一番遠くまで走れます。

去年2017年に世界で一番売れたBセグメント


FTP
FTP
FTP
FTP

燃費は948.1km/39.3L=24.12km/L。いま思うと、ガソリンもまだ残っていたし、オール一般道で無給油1,000kmチャレンジができましたね♪

こんなに燃費が良かったのには秘密があります。それは、いつも画像を載せるのに話題にしない一番最後の平均スピードです。以下の表は今シーズンに入ってからの長距離ドライブの結果です。


投稿日行先区分距離
km
燃料
L
燃費
km/L
速度
km/h
180329サーシャさん高速道900.734.925.8170.9
180424フレフレ中部一般道290.913.821.0844.9
180502新和ツーリング一般道312.215.120.6843.4
180530FTP 2018一般道948.139.324.1247.7

平均スピードと燃費は正比例します。これを教えてくれたのは、今回一緒に2日間遊んでもらったsadaさんです。僕も以前はまったく無視してた数値ですが、教えてもらってからはブログに載せるようにしました。

燃費を良くするコツは、、、

  • 急加速・急停車しない。信号待ちからスタートする時も、ゆっくり加速し、2つくらい先の信号を見ながら、早めにブレーキから足を離して、転がします。いまのクルマは平地ならスピードが落ちるのが穏やかです。
  • 回生ブレーキを積極的に使って、走行中にオルタネーター(発電機)が極力動かないようにします。坂道を下る時は必要なスピードが出ていれば、アクセルは踏まないで転がします。さらに、坂がきつくてスピードが上がる時はシフトダウンすると回生ブレーキも動作する気がします。
  • カーブは道幅を利用して回転半径を大きくする。あまり効果はないかもしれませんが、運転がスムーズです。

さらに、長距離ドライブの時は道を選びます。

  • 信号が多い市街地の道より信号が少ない郊外の道、道が整備された国道、信号が少ない(または、ない)バイパス。停まらなければ平均スピードは下がりません。
  • 平地より若干のアップダウンがある山道。不必要にアクセルを踏んで坂道は登らない。下り坂になったら、もう分かりますね。さらに、アップダウンが続くときは下り坂の惰性で登ります。
FTP

今回走った行きのgoogleマップのタイムラインです。

FTP

複数のコースがあり、選んだのは山道です。往復するならコースを変えたかも。

FTP

帰りのコースは事前に調べた時はひとつだけでしたが、、、

FTP

実際に走ったコースは違います。

00a32d

帰宅後に調べたら、親不知・子不知を起点にすると複数のコースが表示され、走った経験では国道19号より国道20号の方がゆっくり長く下るので転がしてる距離が長いです。そう、もう10年以上毎年通って、あっちでもこっちでも行ったことがあるFBMのコースです。

それにしても、googleマップの謎、これからは経由地点ごとに小間切れにしてコースを考えてみようかな。



2018年05月31日コメント(8)ルーテシア

小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. 113系さん
こんばんわ
久しぶり。 木曽高速 走ったんですね?
2. sadaさん
24.1km/Lはいいですね。
私のは、未だ計算していませんが、往路一般道、復路高速で20/Lちょうど位ですね。平均速度は55km/hくらいでしょうか。
燃費良く走るコツをもう一つ付け加えると、ガソリン車の場合は、なるべく回転を抑えてアクセルを開けて走ること。要するに、早め早めのシフトアップを心がけることです。
Nojeeさんの仰るように、できるだけスムーズな運転が燃費にもいいので、私はおとなの自動車保険についてきたつながるボタンのレポートを参考にしています。
3. Nojeeさん
113系くん、
俗称「木曽高速」は国道19号でも中津川市から塩尻市の間のこと。知ったかぶりをせず、勉強した方が良いね。または、ちゃんと文章を理解してコメントしてください。
4. Nojeeさん
sadaさん、
コメントありがとうございます。

はい、僕もオール一般道で24.1km/Lにはビックリして、別記事にしました。たぶん、この記録はこのコースだったから達成できたんだと思います。また、書き忘れましたが、復路の国道20号以降は日曜の夜と言うこともあり、特に静岡県に戻ってからの国道1号はトラックがすごく少なく、かつ、走っていたトラックはなかなかのスピードを出しているトラックばかりで、こちらもそこそこのスピードでしたが片側2車線区間でバンバン追い抜かれました。

sadaさんのインプレッサは1.6ですか?2.0ですか?スバルのwebで現行モデルのホイールで識別しようと見てみましたが、sadaさんのはどれとも違うので分かりませんでした。いずれにせよ、20km/Lは良いですねぇ。往路一般道と復路高速の燃費とスピードを別々に知りたいところですね。

はい、早めのシフトアップを心がけています。また、60km/hで無理やり5速に入れるのはかえって燃費が落ちることに気を付けてて、普段の生活では4速で走ることが増えました。

最後に、帰宅後すぐに「おとなの自動車保険」を調べ、「つながるアプリ」はスマホ内で完結していて、PCとの連携はないことを確認しました。残念です。
5. sadaさん
私のは2.0です。

回転を下げ過ぎるのはエンジンに良くありません。
Meganeの時は、1500-2500の間に入るようにシフトしていました。
今の私のG4は、CVTが、1200付近になるように勝手に制御しています。
さすがに、MTで1200は低過ぎる感じがします。
低すぎるのは、燃費が落ちるより、エンジンの耐久性に良くないでしょうね。

私のは、もう現行モデルではないんです。
早いもので、仏から帰国して直ぐに買ってから、6年経ってしまいました。
6. ぴなおさん
20km/L超はさすがダウンサイジングターボですね。もちろん運転の仕方次第ですが…
100km/hで3000rpmちょっと回っているので燃費をどうこう言うクルマでは無いですが、何とか16km/L超を狙ってみます(^^;)
7. Nojeeさん
2.0で20km/Lはすごくありませんか♪?

メガーヌ2の時も僕は1.6MTで、sadaさんは2.0MTでしたね。

「低すぎるのは、燃費が落ちるより、エンジンの耐久性に良くない」、了解しました。気を付けます。

いままで7年10万キロを目安にクルマを乗り換えてきましたが、今のルーテシア4はタイミングチェーンで交換目安が15万キロですので、それ以外の部分が壊れないことを期待しつつ、長く乗れるように大切に乗りたいと思っています。

そうそう、スピード表示の左側にシフトのタイミングを指示するインジケーターがあって、シフトアップを促す上向きの矢印が表示されるタイミングが3速>4速が43km/hあたりから、同じく4速>5速が63km/hです。基本は流れに乗って走るようにしていますが、シフトダウンを促す下向きの矢印が表示されないぎりぎりの速度で走るのが燃費が良い気がします。当たり前でしょうね。同じスピードで走っていても結構姑息(こそく)にアクセルをちょっと踏んで、すぐに緩めて流すような運転をしてます(苦笑)

ぼちぼち次期マイカーを検討している件、前泊の居酒屋で聞いたあの話ですね。二人で盛り上がりすぎて、お互いに飲み過ぎました、ナハハ。どっちにするのか、興味津々です!
8. Nojeeさん
ぴなおさん、
コメントありがとうございます。

ホント、ダウンサイジングターボは運転の仕方で燃費はかなり変わると思います。ぴなおさんのルーテシア3RS、カッコいいですよね。僕はN/Aでも6MTは乗ったことがないので、ルーテシア3RSがいまでも新車があれば、乗ってみたかったと思ったことがありますが、ないモノねだりです。

ほぼ一人乗りで、乗せても女房くらいですからルーテシアはジャストサイズ。今のを長く乗って、次は(最後のクルマかな)はルーテシア5後期型ダウンサイジングターボかなぁ、、、

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.