国際オートパーツさんで中古バッテリーが800円で売れた!

00a11a

静岡県浜松市には通称「自動車街」って通りがあって、3km弱の道路の両側にはありとあらゆる国産車/外車、新車/中古車、タイヤ/パーツのお店が並んでいます。もちろん、僕がお世話になっているルノー浜松さんもクラフト浜松も自動車街にあり、今回は新品に交換し、自宅の体重計で重量を計って(はいぃ)、不要になった中古バッテリーを国際オートパーツさんに買い取ってもらいに行ってきました。


00a11b

僕は中古タイヤの売買だけをやっているお店だと思ってましたが、バッテリーどころかクルマも買い取ってくれるんですね。ありゃ、「浜松自動車街」ってお店の壁にも書いてあります。そうやって言えば、浜松の人なら、どの辺か分かりますが、Googleマップで「浜松市 自動車街」で検索しても、どこか分かりませんので、あしからず。

00a11c

中古じゃなくて、ダメなバッテリー(って、どんな?)も買ってくれるの?

中古とダメの違いが分からず少し不安になりましたが、お店の人はバッテリーのサイズと線を手書きしてある使い込んだ細長い板でサイズを確認しただけで、これは800円ね♪ですって。1個500円で買い取ってくれるって聞いてたから、何かすごく得した気分!

00a11d

EFB L2が800円なら、AGM L3は1200円なのかなぁ?(未確認)



2018年07月09日コメント(6)ルーテシア

小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. 黄色眼鏡さん
ダメバッテリーって、ユーザーが「もうダメだ、使えない」と思っているもので、買い取ったお店では(充電)再生して中古バッテリーとして販売するんじゃないのかな?

そういう視点で見ると、劣化の激しいもの=再生できないもの → ダメダメバッテリーかなぁ(笑)
Nojeeさんが買い取ってもらったバッテリーは店頭に並ぶかもしれませんね。
2. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

ふむふむ、ダメ(で使えないと思っている)バッテリーってことですね。

僕が買い取ってもらったバッテリーは充電器で98%まで充電しても1ヵ月で60%近くに下がりましたから、青色吐息でしたが、そんなのも中古として売るんでしょうね。
3. 黄色眼鏡さん
バッテリーの耐久力は電圧ではなく、CCAの値で測定します。そしてこのCCAの値は簡易なテスターでは測定できないのです。

私やNojeeさんが持っているテスターはCCAの値を測定できます。そしてそれがSOHという項目で表示されているわけです。

下にリンクを貼っておきますが、オークションに出品されているものは、このSOHが100%以上のものが多いと思います。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e283185397
4. Nojeeさん
SOC(States Of Charge 充電状態、充電率)を気にしてて、SOH(States Of Health 健康状態または劣化状態)って常に100%なのかと思っていましたが、ってことは、3年3ヶ月5.2万キロ走って買い取ってもらったバッテリーはまだ使えるんですかねぇ?
5. 黄色眼鏡さん
SOHは常に100%ではなく、劣化してくると100%を切るようになります。

新品はマージンがあって、Nojeeさんが購入したAGM L3バッテリーはCCAの既定値が760に対して実測値が1095ですよね。

まだ使えたと思いますが、オーディオシステムのグレードアップに合わせて、早めに交換して良かったと思いますよ。
6. Nojeeさん
アドバイスありがとうございます。僕はSOC(States Of Charge 充電状態、充電率)しか見てなくて(滝汗;;)

充電率が60%を下回って、万が一、エンジンがかからなくなると困りますし、まぁ、3年も交換しなかったから良しとします。

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.