女房のクルマを検討中 2. デミオ 15S-TrgかXD-Trgか

demio

来春には欲しくなる予定の女房のクルマ。今なら買える試乗車落ちで装備テンコ盛りお得感満載のノート e-POWERに時期が早いので女房がまったく興味を示さなかったし、僕も我が家にノートが3台はちょっとな、、、ってことで、コンパクトカーで最も安全装備が充実しているらしいデミオのガソリン車15S-Touring(略してTrg)とディーゼル車のXD-Touringを試乗+見積しに行ってきました。

ガソリン車デミオって排気量をアップしても総合的に燃費がアップするという判断で今年8月に1.3Lから1.5Lに変わったんですね。知りませんでした


Demio

えっ!そんなことも!あんなことも!な装備の充実ぶりにビックリ

さて、ガソリン車とディーゼル車の両方を見積/試乗したのは来春からの女房の勤務地候補が2か所あり、通勤距離が近い方は片道20.5km/遠い方は66.5kmと3倍以上違うからです。なお、遠い方はほぼ国道1号線バイパスなので高速道路を使っても通勤渋滞は考慮しなければ時間は変わらずでオール一般道、年間通勤日数は完全週休2日な356日の5/7小数点以下四捨五入で261日。そして、見積のグレードは条件をエンジンの違いだけにするため、量販グレード、AT車、見た目オプションはまったくなし、安全装備オプションは全部盛り、色も一番高いソウルレッドとし、下取り車なしのガソリン車とディーゼル車の価格差は182,660円でした。さらに、実燃費/燃料相場は営業さんに大体で良いからって(ほぼ脅しレベルな?)無理を言って教えてもらってガソリン車は燃費18km/Lガソリン単価はレギュラー150円/L、同様にディーゼル車は22km/L軽油130円/L、それらをExcelに入力して計算してみたら、、、

そうなのな結果でした。

ランニングコストが安い(=燃費が良くて燃料が安い)ディーゼル車を買った場合、初期コストが安い(=込み込み購入価格が安い)ガソリン車より得になるには、通勤距離が遠い方の66.5kmで2.2年、近い方の20.5kmでは7年もかかります。

言い換えれば、通勤だけで1日20.5kmの往復40.1kmを年間261日通って年間走行距離が10,701kmだとしてもディーゼル車の価格差を回収するには7年もかかるってことです。

もちろん、クルマ好きな人を魅了するディーゼル車のトルクフルな走りはまったく考慮されていません。でも、買い物クルマとして日々10km未満しか走らない方、仮に年間走行距離が5千km以下だとしたても(したら?)、回収に14年かかるって、そんなに長く乗りますかねぇ

つまり、買い物クルマならハイブリット車はいらず、ガソリン車で十分です。

ってことで、トヨタとホンダのガソリン車/ハイブリット車も見積しますかね♪

Lutecia

ひいき目ですが僕のルーテシア4/0.9T/5MTは総燃費をレギュラー150円/ハイオク160円でレギュラー換算すると18.0km/Lで、走りも楽しいですよ



2018年12月02日コメント(0)クルマ

小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2017 Nojee, All rights reserved.