PHILIPS フィリップス Qi 車載ワイヤレス充電器

PHILIPS

いままでiPhoneのミュージック(iPod)やAmazon Musicをカーオーディオで聴くのにOKARA oc.1経由でBluetooth接続していましたが、lightning接続した方が良い音で聴けそうなので充電をワイヤレスにする必要があります。


PHILIPS
PHILIPS フィリップス Qi 車載ワイヤレス充電器(Amazon)

ちょっとお高めですが、マグネット車載ホルダーのメタルプレートを付けたケースに入れたままにしたかったので気休めでメーカー品にしてみました。

PHILIPS

吸盤とエアコン吹き出し口の両方で使える部品、シガーチャージャーとケーブルも付いているオールインワンなのも選んだ理由です。

PHILIPS

使用可能/充電中/充電完了が分かる動作確認LEDや過熱/過電流/過電圧の保護機能が付いていているのも良いです。

PHILIPS

まず、ケースに入れたまま充電できるか試したらダメでした。ケースの問題ではなくメタルプレートが付いているからです

でも、この吸盤はかなりしっかりしてて、新型iPhoneSEになって過熱よる電源オフしなくなっていれば(未確認)、設置場所もいろいろ考えられるし、、、

PHILIPS

エアコン吹き出し口のクリップも開き具合に2種類ありしっかり留めて冷却しながら使えるかもしれないので、とにかく使ってみることにしました。

PHILIPS

エアコン吹き出し口のクリップから。

PHILIPS

クリップの開き具合が広い方でも留まり、角度を調整して使えそうです。

PHILIPS

とりあえずメタルプレートが付いたケースのまま置いて充電せずに走ってみて熱暴走しなければメタルプレートを剥がすだけです。結果は開き具合が広い方は振動でクリップが外れてしまうので狭い方をやってみようとしたら、、、

PHILIPS

ガ〜ン、強く押しすぎてフラップが折れたぁ

PHILIPS

撃沈しました、とほほ

PHILIPS

使わないのはもったいないのでテレビ台に付けて、妻が寝る時に充電します。


あっ、そうだ。

CarAudio

標準のクラスターパネルにエアコン吹き出し口の部品があったんだ!

  • 180311 ルーテシア4にカーオーディオを! クラスターパネル
    左が標準のクラスターパネル、右がオークションで買ったクラスターパネルで、ブリリアントブラックや外周がメッキじゃないのはベーシックグレードExpressionに装着されていた中古のオークション品、しかもマニュアルエアコン専用でマニュアルエアコン用パネルは不要で、オートエアコン専用があるかは分かりません。また、ルノージャポンのキットではエアコンのベンチレーター(吹き出し口)は標準のモノを再利用しますが、中古だからかベンチレーター付きです。

(つづく)


追記:

黄色眼鏡さんがコメントで教えてくれた情報と要約です。

  • 価格.com > Apple iPhone XS 256GB SoftBankのクチコミ掲示板 > 非接触充電とケーブル充電を両方同時に行うと…

    それぞれ単体で充電した場合には、充電量80%以下の定電流モード域(比較的高速に充電される領域)で
    (A) 非接触充電 ⇒ 10分で5%ぐらい
    (B) ケーブル充電 ⇒ 10分で6〜7%ぐらい
    というのが手元の測定結果です。

    さて、これを両方同時にやったらどうなるでしょうか?というのが本題ですが、結論を言うと、 (A)の非接触充電の方に支配されるようです。つまりケーブル充電単体より遅くなります。
    無駄無駄無駄無駄無駄ア!!(by DIO様)ってところですかね。



小ネタ、裏ネタ、各種活動日誌をFacebookに投稿中です♪

この記事へのコメント

1. 黄色眼鏡さん
最初は意図が読めなかったのですが、もしかして音楽のデータ通信をライトニング専用、充電をQi専用という使い分けを考えていますか?

『非接触充電とケーブル充電を両方同時に行うと…』のクチコミ掲示板https://bbs.kakaku.com/bbs/J0000028508/SortID=22181569/
2. Nojeeさん
黄色眼鏡さん、
コメントありがとうございます。

はい、おっしゃる通りで「音楽のデータ通信をライトニング専用、充電をQi専用」と考えていました。理由は1.音楽はBluetooth接続よりlightning接続の方が音が良さげ、2.クルマのバッテリーにiPhoneを充電する負担をかけたくなく、車載Qiワイヤレス充電器をモバイルバッテリーに接続して充電する、でした。充電速度は遅くて少しずつ電池が減ってもゼロにならなければOKなんですけどね。

実際にはOKARA oc.1はiPhoneからBluetooth接続で音楽をデジタルデータで受信後、WAVファイルに変換してカーオーディオへUSB接続で転送するので音質はほぼCD品質のようですが、「ほぼ」ってところがミソでAmazonMusicがHD/UltraHDで聴けるのなら聴きたいためです。

いままで通り、熱暴走しないためにメーターフード内にiPhoneをマグネットで設置し、lightning接続で充電しながら音楽はBluetoothで飛ばすようにします。

たまたま、予備のエアコン吹き出し口のベンチレータを持っていたので歯抜けにならずに済みました(苦笑)

この記事にコメントする

名前:
非公開なので、ぜひ♪
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Copyright 2007-2020 Nojee, All rights reserved.